千葉大学人文研究 登録巻号

千葉大学人文研究 →所蔵情報はこちら

42号(2012.3)
ページタイトル,著者名
1 - 13 武井秀夫先生を送る
鈴木, 伸枝
15 - 24 時實早苗先生を送る
梶田, 幸栄
25 - 56 ヴァレリー・ラルボーのウォルト・ホイットマン受容 -批評と翻訳を通して-
西村, 靖敬
57 - 140 北方編年再考 その11 いわゆる「東大編年」と山内博士「北方編年」説の相克
柳澤, 清一
141 - 168 《中欧論》試論-カフカとハシェクをめぐって
前田, 彰一
169 - 203 Literatur uber das "Ausenland" des Grosjapanischen Kaiserreichs am Beispiel von Atsushi Nakajimas Erzahlungen
WUNDT, Stefan
(1) - (11) 菅原憲二先生を送る
三宅, 明正
(13) - (35) 安房妙本寺における由緒と伝統の創成 - 特に「妙本寺文書」の一通をめぐって -
佐藤, 博信
(37) - (66) 太平洋戦争下における留日中国学生の夏季錬成団
見城, 悌治
(67) - (95) 雑誌「月刊にひがた」総目次(上)
大原, 裕治
(179) - (203) 合羽摺草双紙『里見八犬傳』-解題と翻刻-
髙木, 元

41号(2012.3)
ページタイトル,著者名
1 - 34 The Mixquiahuala Letters and the Meaning of Epistolarity
TOKIZANE, Sanae
35 - 82 北見国「1・2・5号竪穴」出土土器の検討 --「南貝塚式」と「終末期」の擦紋土器をめぐって--
柳澤, 清一
83 - 104 農山漁村経済更生計画第1期後期に見られる生活習俗・社会教化の諸相--昭和9年度更生計画書を中心に--
和田, 健
105 - 115 「京葉臨海地域のあらたな産業構想と住民生活の変容」
犬塚, 先
117 - 124 『世界言語の人称代名詞とその系譜 人類言語史5万年の足跡』一人称代名詞の遺伝子的背景を探求する先駆的な研究
菅野, 憲司
(1) - (13) 安田浩先生を偲ぶ
三宅, 明正
(15) - (25) 犬塚先 先生を送る
尾形, 隆彰
(27) - (42) 佐藤博信先生を送る
菅原, 憲二
(43) - (82) 岡本東三先生を送る
柳澤, 清一
(83) - (115) 占領期におけるローカル・メディアと文学者--坂口安吾を視座として
大原, 祐治
(117) - (163) 戦国期佐倉千葉氏の権力形態--特に「自敬表現」に注目して--
佐藤, 博信
(165) - (175) 国立公文書館所蔵『御寺務三度長者宣等引付』
石附, 敏幸
(177) - (203) 駒沢大学図書館所蔵『松島風土記』
兼岡, 理恵
(205) - (240) 弥勒寺蔵『読経口伝明鏡集』『法華経声事』解題と翻刻--書写山伝来と円空書写をめぐって
柴, 佳世乃
(241) - (297) 愛媛県上浮穴郡久万高原町大川土居家文書(七)--第二次世界大戦後の個人の手による資料整理の記録--
菅原, 憲二
(299) - (323) 明治期合巻『里見八犬傳』--解題と翻刻--
髙木, 元

40号(2011.3)
ページタイトル,著者名
1 - 16 否定と共起する「必ず」について--近世後期江戸語を中心に--
岡部, 嘉幸
17 - 35 The Bastille and Social Change in A Tale of Two Cities: Conceptualizing Historical Eventsin Historical Novels
CHILTON Myles
37 - 72 Crossing and the Letter:Caryl Phillips's Crossing the River
時實, 早苗
73 - 131 北方編年再考 その(9)---擦紋Ⅳ期における擬縄貼付紋土器の小細別編年---
柳澤, 清一
133 - 155 農山漁村経済更生計画書に見られる生活改善指導と民俗的慣行-昭和八年度茨城県更生指定町村38の事例から-
和田, 健
157 - 187 Literatur uber das "Ausenland" des Grosjapanischen Kaiserreichs am Beispiel von Atsushi Nakajima
WUNDT Stefan
(1) - (30) 班固の断限意識について--「春秋考紀」という呼称の背景--
内山, 直樹
(31) - (57) モダニズムからの訣別--坂口安吾と同時代芸術--
大原, 祐治
(59) - (92) 一九二〇~三〇年代における中国留学生の日本旅行記--千葉医科大学留学生は、キャンパスの外で何を見、何を感じたか--
見城, 悌治
(93) - (121) 『雨月物語』『春雨物語』における時の助動詞--近世文語文の国語学的研究の一端として--
神戸, 和昭
(123) - (144) 安房妙本寺日我と蔵書--「曾我物語」「八雲抄」などをめぐって--
佐藤, 博信
(145) - (184) 国立公文書館所蔵『文保三年記』
石附, 敏幸
(185) - (243) 下総国印旛郡小林村関係文書
菅原, 憲二 , 矢嶋, 毅之
(245) - (258) 『當世八犬傳』--解題と翻刻--
髙木, 元

39号(2010.3)
ページタイトル,著者名
1 - 35 悪魔よ、悪魔よ -- ピエール・キュッペ『万人に開かれた天国』について --
三井, 吉俊
37 - 93 北方編年再考 その(8) : 道東における新北方編年体系の検証 - 灰白色(Ma-b)火山灰を「鍵」層として-
柳澤, 清一
95 - 138 Das Spatwerk von Osamu Dazai : Ubersetzung von “Also sprach Buddha" mit Einleitung und Nachwort
WUNDT, Stefan
139 - 149 合併銀行名は「接点」ではなく「同値」 - 右側主要部規則ではなく左側優先性原則 -
菅野, 憲司
(25) - (44) 『七略』の体系性をめぐる一考察
内山, 直樹
(45) - (67) 吉行淳之介「砂の上の植物群」-- 吉行淳之介の「戦後」
小嶋, 洋輔
(69) - (104) 慶政と園城寺--慶政『三井寺興乗院等事』『大師御作霊像日記』を読む--
戸波, 智子
(105) - (134) 『詩經』靈祭祀詩に於ける採草の興詞に就いて
福本, 郁子
(135) - (168) 国立公文書館所蔵『春日社行幸記』
石附, 敏幸
(169) - (202) 『英名八犬士』(五) ─ 解題と翻刻 ─
高木, 元
(203) - (258) 明治3年(1870)宇和島藩浦方における打毀し史料--三浦庄屋田中家の「騒動」史料を中心に--
菅原, 憲二

38号(2009.3)
ページタイトル,著者名
1 - 21 商業的森林伐採におけるポリティカルエコロジー ─ パプアニューギニア西部州における事例 ─
小谷, 真吾
23 - 40 An‘Unsexed' Queen and a‘Nourish-Father' : Historicizing Macbeth
SHINOZAKI, Minoru
41 - 62 17世紀初頭ローマにおける絵画様式の「総合」とその意味 ─ サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂パオリーナ礼拝堂装飾について ─
新保, 淳乃
63 - 73 マンデビ語初期調査報告
西田, 文信
75 - 98 パウル・ツェラーンとともに『夜と霧』を読み直す
水上, 藤悦
99 - 140 北方編年再考 その(7) : 擦紋Ⅱ期における道央・道北、サハリン島南部の編年対比
柳澤, 清一
141 - 156 植民地文書からみた19世紀末のビルマ人地方有力者像 ─ シュエーボー地方におけるボー・ビン、マウン・トゥン父子の事例 ─
岩城, 高広
157 - 179 『愛に囚われし心の書』の挿絵について ─ ウィーン版とパリ版の比較 ─
田中, 久美子
(17) - (53) 慶政『金堂本仏修治記』を読む ─ 慶政と園城寺、九条家 ─
戸波, 智子
(55) - (86) 旧居留地の文学 ─ 「星を売る店」の神戸
高橋, 孝次
(87) - (112) 「?東綺譚」 ─ 「わたくし」という語り手
滝藤, 満義
(113) - (123) 国立公文書館所蔵『院秘抄』
石附, 敏幸
(125) - (217) 愛媛県上浮穴郡久万高原町大川土居家文書(六) ─ 二〇世紀の大川地域の文書を中心に ─
菅原, 憲二
(219) - (251) 『英名八犬士』(四) ─ 解題と翻刻 ─
高木, 元

37号(2008.3)
ページタイトル,著者名
1 - 60 北方編年再考 その(6) : トビニタイ土器群Ⅱの小細別編年について
柳澤, 清一
61 - 104 初期キリスト教の国家倫理と社会倫理(Die Staats - und Sozialethik im fruhen Christentum)
保坂, 高殿
105 - 125 形容詞の語彙的意味と形式の相関 -- 琉球・多良間島方言--
下地, 賀代子
127 - 150 ポスト青年期の親子関係意識 : 「良好さ」と「自立」の関係
米村, 千代
151 - 186 井上哲次郎による『国民道徳概論』改訂作業とその意味
見城, 悌治
(1) - (18) 荻原眞子先生を送る
中川, 裕
(19) - (79) 『英名八犬士』(三) --解題と翻刻--
高木, 元
(81) - (98) 南溪蔵所蔵『仁王経文点』解題と翻刻ならびに影印
柴, 佳世乃
(99) - (125) 「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」論 ---三島由紀夫の「妖怪教育」
高橋, 孝次
(127) - (147) 「蜃気楼」 --- 種本のある心境小説
滝藤, 満義
(149) - (167) マチネ・ポエティクと『草の花』
西田, 一豊
(169) - (323) 房総里見氏文書集
滝川, 恒昭

36号(2007.3)
ページタイトル,著者名
1 - 34 ウァレリアヌス帝迫害
保坂, 高殿
35 - 89 北方編年再考 その(5) : 二ツ岩遺跡編年の再検討 --擦紋Ⅲ期における道東と道央の対比--
柳澤, 清一
91 - 103 ミエン語文法ノート(1) -- ビャウミン方言(Bjau-Min)のka4
田口, 善久
105 - 124 農家個別の判断と協業関係のあり方 --守田志郎の農業近代化論批判から2007年新補償制度を考える--
和田, 健
125 - 146 『重井筒』上之巻における助詞「が」と「の」 --「が」の用法の変化を中心に--
新垣, 公弥子
147 - 179 酔っ払い文士と鼻水をたらした説教師 --ニコラ・グードウィルによるフェヌロン『テレマコスの冒険』批判--
三井, 吉俊
181 - 200 近年の共和国初期研究における市場関係の再考 : 北部農村部研究を中心に
橋川, 健竜
201 - 225 『愛に囚われし心の書』の挿絵について --挿絵の果たす役割--
田中, 久美子
(1) - (9) ハワード・S・ゴールドバーグ先生を送る
時實, 早苗
(11) - (28) 「偸盗」と「黄金杯」
滝藤, 満義
(29) - (52) 遠藤周作「中間小説」論 -- 書き分けを行う作家
小嶋, 洋輔
(53) - (76) 日本の和歌と俳句を語用論の視点で読んでみる -- 中国の近体詩との対照を兼ねて
毛, 峰林
(77) - (104) 横光利一『旅愁』 -- パリとの格闘
西村, 靖敬
(105) - (181) 愛媛県上浮穴郡久万高原町大川土居家文書(五) -- 2000年以降の調査報告と目録
菅原, 憲二
(183) - (212) 『大経直談要註記』所収説話一覧 --出典・関連説話--
上野, 麻美
(213) - (270) 『英名八犬士』(二) --解題と翻刻--
高木, 元
(271) - (292) 日向参詣記 --安房妙本寺の旧末寺を訪ねて--
佐藤, 博信

35号(2006.3)
ページタイトル,著者名
47 - 64 「高瀬舟」 : 語り手のスタンス
滝藤, 満義
65 - 91 「大東亜共栄圏」と近代報徳思想
見城, 悌治
93 - 127 安房妙本寺所蔵『年中行事略帳』
佐藤, 博信
195 - 241 義勇八犬傳 : 解題と翻刻
高木, 元
1 - 17 再考ソクラテス裁判 : 「天空の事象に関する探求」と不敬罪を巡る素描的試論
和泉, ちえ
19 - 42 セウェルス朝期のキリスト教迫害(Historia Augusta SeptSev 17.1)
保坂, 高殿
43 - 115 北海道島・南千島における北大式~擦紋IV期の広域編年 : 北海道島人と「オホーツク人」の接触を探る
柳澤, 清一
173 - 197 接触場面における話順交替期のポーズについて : 中国人日本語話者と日本語母語話者の2者会話に関するノート
村岡, 英裕

34号( 2005.3)
ページタイトル,著者名
25 - 60 背反 : 谷崎文学の表象におけるジェンダーの諸問題
蕭, 幸君
61 - 94 安房石堂寺の中世資料について (史料紹介) : 多宝塔銘文を中心として
滝川, 恒昭
95 - 157 『英名八犬士』(一) : 解題と翻刻
高木, 元
1 - 25 視覚的短期記憶の容量とその能動的側面について : 顔と幾何学図形を材料にして
大石, 奈津己 , 田口, 朗 , 鈴木, 孝治
27 - 52 Platonic ontology and stereometory : Evidence from the 'Philebus' and the 'Laws'
Izumi, Chiye
53 - 81 古代アテナイにおける不敬罪訴訟の起源を巡って
保坂, 高殿
83 - 132 斜里地方における「トビニタイ土器群」編年の予察 : ピラガ丘・須藤遺跡からオタフク岩遺跡へ
柳澤, 清一
133 - 151 19世紀前半のアメリカ合衆国北部における農村型事情の位置
橋川, 健竜
153 - 172 『エル・ニド』における象徴と遊び
山口, 元
173 - 190 Герой и демобилизованный солдат в современных русских фильмах
Вакана, Коно
191 - 215 中国人の国際移動とその社会的メカニズム
周, 飛帆
217 - 235 協同労働慣行概念の学史的検討 : 「協業関係」「協働」概念への連続性をめざして
和田, 健

33号(2004.3)
ページタイトル,著者名
31 - 60 西来寺蔵 義源撰 『法華読音』 解題と翻刻
柴, 佳世乃
101 - 125 大正期における「英雄論」と三宅雪嶺
見城, 悌治
1 - 40 Plato, Timaeus 48b2?69a5
和泉, ちえ
41 - 70 メルティング・ポットのニューヨーク
黒沢, 香
71 - 94 Stories of the slaughterhouse
桜井, 厚
95 - 124 ローマの聖母子イコンの起源について
加藤, 磨珠枝
127 - 147 ギリシア・ラテン文献における初期キリスト教徒の呼称表記
保坂, 高殿
149 - 218 北方編年再考 その(2) : 「トビニタイ・カリカリウス土器群」の細分について
柳澤, 清一
219 - 224 「最小限完全化授業」の発想と提案 : 単位過少習得学生の教え方
菅野, 憲司
225 - 237 The Condition that Stipulates Performing Arts : Reconsideration of "the Uninvited Guests"
橋本, 裕之
239 - 265 Die redundante Predigt : Zur dargestellten Auseinandersetzung zwischen dem Katholizismus und dem Protestantismus in "Cecile" (1887) von Theodor Fontane
石井, 正人
267 - 295 『読むことのアレゴリー』を読む(1)
土田, 知則
297 - 329 The Letter Killeth: literality and the Scarlet Letter
時實, 早苗
331 - 353 堀辰雄の翻訳と創作 : ジャン・コクトーとの関係を中心に
西村, 靖敬
355 - 376 Tatsuo Horis Reiseskizzen und Landschaftsbeschreibungen in Shinano
Wundt, Stefan
377 - 392 Topikeigenschaften und Satzorganisation : eine Kontraststudie zwischen Deutsch und ostasiatischen Sprachen
Kuhnel, Patrick