Back
読本の校合 : 板本の象嵌跡 

タイトル (ヨミ) ヨミホン ノ キョウゴウ : ハンポン ノ ゾウガンアト
作成者 高木, 元
キーワード等 ヨミホン
日本十進分類法 (NDC) 913.56
内容 読本とは板本として出板されて流布した近世小説における一文芸様式の謂いである。したがって写本として流布した作品群とは、おのずから別の位相を備えているはずである。この板本と写本との差異は、テキストと作者や読者との距離として計測可能である。まず読者の側から見ると、写本の読者たちは本文を読むのみならず、由緒正しい本文を校合という作業によって仮想化していく試みをしたり、逆に勝手な本文の改稿も可能であった。
江戸読本の研究 第四章第一節 読本の校合 -板本の象嵌跡-
『江戸読本の研究-十九世紀小説様式攷-』所収

公開者 ぺりかん社
寄与者 高木, 元
寄与者 (ヨミ) タカギ, ゲン
作成日付 1995-10
コンテンツの種類 単行書の章 Book Chapter
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 text/html
資源識別子 第四章第一節
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020129
ISBN 9784831506771, 483150677X
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/C0000050027/edoyo/edoyo41.html
情報源 江戸読本の研究-十九世紀小説様式攷-
言語 日本語
関連情報 (isVersionOf) http://www.fumikura.net/paper/edoyo/edoyo41.html
関連情報 (isPartOf) http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020119
著者版フラグ author


Total Access Count:

931 times.


Search
Related Materials in




ヨミホン