Back
学術コミュニケーションシステムの変革期における大学図書館の役割 

タイトル (ヨミ) ガクジュツ コミュニケーション システム ノ ヘンカクキ ニオケル ダイガク トショカン ノ ヤクワリ
作成者 尾城, 孝一
作成者 (ヨミ) オジロ, コウイチ
日本十進分類法 (NDC) 050, 017.7
内容 本稿では,学術雑誌を中心とした学術コミュニケーションの危機的な状況と大学図書館の対応について述べる。続いて,電子ジャーナルの普及とその共同利用体制であるコンソーシアムの形成について,国立大学図書館協議会の電子ジャーナル・タスクフォースの活動と成果についてレビューする。最後に,コンソーシアムの限界とそれを乗り越えるためのポストコンソーシアム戦略について提案する。日本農学図書館協議会誌 128 pp.22-31 (2003)
コンテンツの種類 雑誌掲載論文 Journal Article
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020157
掲載誌情報 日本農学図書館協議会誌 Vol.128 page.22-31 (2003)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/C0000051586/scomm_chg.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

917 times.


Search
Related Materials in