Back
ジョンソン行動システム看護モデルによる事例の分析 : あるダウン症児への援助   :   A case study of a Down's syndrome child by using Johnson behavioral system model for nursing 

作成者 兼松, 百合子
作成者の別表記 KANEMATSU, Yuriko
キーワード等 Down's syndrome, Infant, Home care, Johnson behavioral system model for nursing
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 生後9ヵ月でダウン症候群と診断された患児とその両親を,診断直後から2年間,毎月1回家庭において観察し,指導・助言を行なった。その内容をジョンソン行動システム看護モデルを用いて分析し,ダウン症の乳児および幼児前期の看護は,家庭における日常ケアの中で発達を助長する刺激を与えることであり,母親が確実にそれを実施するように指導することが中心の課題であることがわかった。両親の理解を深める方法としては,患児の発達の現状を理解させ,日常ケアに専念させる中で,両親が不安に思い説明を求めた時に説明するという方針をとった。また,看護モデルの使用により,看護としての内容の明確化,援助方法の的確さを検討することができた。
A child with Down's syndrome diagnosed at 9th month has been followed up for two years by a home visit every month. Nursing processes for that period were analyzed using Johnson behavioral system model for nursing. IT was found that the child needed stimulating physical and psychological care to promote her developmental processes. the nurse should teach and support her parents so that they could provide adequate care. They were encouraged to concentrate on understanding the patient's present status and providing good nursing care rather than asking about future progress of the patient. Use of a conceptual model is helpful in clearifying nursing problems and evaluating nursing intervent ions.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020442
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.2 page.23-30 (19800131)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117552.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1090 times.


Search
Related Materials in




Down's syndrome
Infant
Home care
Johnson behavioral system model for nursing