Back
不活化インフルエンザHAワクチンの接種間隔の検討   :   Antibody response to inactivated influenza HA vaccine by different intervals vaccination schedule 

作成者 吉沢, 花子, 高橋, 富久美, 橋爪, 壮
作成者 (ヨミ) ヨシザワ, ハナコ, タカハシ, フクミ, ハシヅメ, ソウ
作成者の別表記 YOSHIZAWA, Hanako, TAKAHASHI, Fukumi, HASHIZUME, So
キーワード等 Hemagglutinin sub-uinit influenza vaccine, Interval of vaccination, Hemagglutination-inhibiting antibody (HI antibody)
日本十進分類法 (NDC) 493.82
内容 42名の看護学部学生にインフルエンザ・ワクチン(A/USSR株200CCA, A/Fukushima株300CCA,B/Kanagawa株200CCA含有)を接種した。21名は2週間々隔で0.5ml 2回皮下接種した。他の21名は4週間々隔で0.5ml 2回皮下に接種した。ワクチン非接種者17名を対照群とした。ワクチン中に含有される抗原株に対する血球凝集抑制(HI)抗体価の上昇の状況によって,ワクチンの接種効果の評価を行った。HI抗体価2^2以上の上昇を示した割合および平均HI抗体価のワクチン接種後の推移を比較した。A/USSR株およびA/Fukushima株では,2週間々隔2回接種群と4週間々隔2回接種群とでは抗体の上昇の程度には大きな差は認められず,むしろ2週間々隔接種群の方が良好であった。B/Kanagawa株では,2週間々隔2回接種群も4週間々隔2回接種群ともにHI抗体価の上昇は悪く,ワクチン接種効果の評価をすることはむずかしいが,2週間々隔2回接種群の方が,わずかに抗体価の上昇がよかった。
Antibody response to inactivated influenza HA vaccine by different intervals vaccination schedule Trivalent HA influenza vaccine, containing 200 CCA of A/USSR/92/77, 300 CCA of A/Fukushima/103/78, and 200 CCA of /Kanagawa/3/76, was used for the study. Stu

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020444
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.3 page.1-7 (19810300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117744.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

992 times.


Search
Related Materials in




Hemagglutinin sub-uinit influenza vaccine
Interval of vaccination
Hemagglutination-inhibiting antibody (HI antibody)