Back
アメフラシAplysia kurodaiの神経節細胞におけるspikeのNa^+,Ca^<++>依存性   :   Sodium and Calcium Dependences on Action Potential in Neurons of Aplysia kurodai : 原著 

作成者 山内, 一史
作成者の別表記 YAMANOUCHI, Kazushi
日本十進分類法 (NDC) 463.9, 491.37
内容 日本種アメフラシAplysia kurodaiを用い,visceral ganglion中にある神経細胞のspikeのNa^+,Ca^<++>依存性を調べ,以下の結果を得た。(1)上記神経細胞中同定された巨大神経細胞は,Ca^<++>,Na^+両チャンネルを持ち,特にNa^+が主要charge carrierとして働いていると考えられる。(2) visceral ganglion中には,巨大神経細胞を含めてCa^<++>,Na^+に対する依存性の異なるspikeを持つ3つのタイプの神経細胞の存在が推定された。(3)前述の3つのタイプの差異は,神経細胞の機能的役割の差異を反映している可能性が示唆された。
This paper described the experiments on neurons in visceral ganglion of Aplysia kurodai, in which sodium and calcium dependences on the action potentials of the neurons were investigated. The results showed as follows. 1) It was suggested that the identified giant cell in the neurons had both calcium and sodium channels, but sodium ions played the more important role than calcium ions as charge carriers. 2) From the differences of ionic dependences on the action potentials, three types of, neurons were supposed to be in the visceral ganglion. 3) It was suggested that the above differences might explain the differences in physiological roles.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020449
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.5 page.1-6 (19830300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117757.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1245 times.


Search
Related Materials in