Back
実存的自己についての学習   :   Toward becoming herself : <報告> 

作成者 見藤, 隆子
作成者 (ヨミ) ミトウ, タカコ
作成者の別表記 MITOH, Takako
キーワード等 Significant Learning, Inner Experiencing Processes, Unified Person, Openness to Experience
日本十進分類法 (NDC) 146.8, 371.43
内容 現代の教育は,知に重点が置かれるあまり,十分に人間として機能するのに必要な,感覚する自分,体験する自分に,親も教師も注意を払わないことが多い。つまり実存的体験と意識的自己の一致に注意が払われていない。看護教育のように全人教育を必要とする教育にあっては,注意を払わねばならない視点であると考える。この視点を考察する資料として,こゝこ筆者の係わった事例を紹介した。この事例は,十分に人として機能できず,自己を閉ざし,自己実現と反対の方向を生きでいた学生が,そのようにならざるを得なかった過程と,それからの回復をどのように果したかを示していると考える。
In education if we do, not pay attention to students' experiencing organism, they can'nt grow as a fully functioning person. I will show in this report a student who grew with an internal rift between the experiencing organism and the consdous self.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020453
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.5 page.57-62 (19830300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117761.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

942 times.


Search
Related Materials in




Significant Learning
Inner Experiencing Processes
Unified Person
Openness to Experience