Back
デジタル型血圧計と従来型血圧計を用いた血圧測定値の比較について   :   A Comparison of the Blood Pressure Values by Mercury, Aneroid and Digital Sphygmomanometers : 原著 

作成者 山内, 一史, 佐伯, 由香, 丸山, 良子, 田中, 裕二, 石川, 稔生
作成者 (ヨミ) ヤマノウチ, カズシ, サエキ, ユカ, マルヤマ, リョウコ, タナカ, ユウジ, イシカワ, トシオ
作成者の別表記 YAMANOUCHI, Kazushi, SAEKI, Yuka, MARUYAMA, Ryoko, TANAKA, Yuji, ISHIKAWA, Toshio
キーワード等 Sphygmomanometer (Mercury-, Aneroid- and Digital-Types), Blood Pressure, Statistical Analysis
日本十進分類法 (NDC) 492.11
内容 看護学部の学生246名を対象に,自動(デジタル型2機種)血圧計と従来型(水銀型,アネロイド型)血圧計を用いて血圧測定を行わせ,その測定値の比較検討により以下の知見を得た。1)水銀血圧計とアネロイド型血圧計による同一対象に対する血圧測定値の間には,強い相関関係がみられ,その測定値の平均値の間の差異は日本工業規格(JIS)の許容誤差の範囲であり,水銀血圧計の補助としてアネロイド型血圧計が使われる事の妥当性が裏付けられる。2)水銀血圧計による測定値を基準とすると,デジタル型血圧計と水銀血圧計による測定値の平均値の間の差異はJISの許容誤差の範囲であるが,同一対象に対する両者の測定値の間に,収縮期血圧において比較的強い相関関係がみられるが,拡張期血圧においては弱い相関関係しかみられず,デジタル型血圧計の,より一層の改良が望まれる。
Measurements of blood pressure (both systolic and diastolic blood pressures) of 246 students were performed by three types of sphygmomanometers (mercury-, aneroid- and digital-types) and the blood pressure values were analyzed statistically. The differenc

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020457
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.7 page.31-40 (19850300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117770.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1191 times.


Search
Related Materials in




Sphygmomanometer (Mercury-, Aneroid- and Digital-Types)
Blood Pressure
Statistical Analysis