Back
看護学実習の授業構造の分析   :   An Analysis of Instruction Structure in Teaching-Learning Process of Nursing Clinical Practicum : <原著> 

作成者 杉森, みど里, 舟島, なをみ, 安斎, 由貴子
作成者 (ヨミ) スギモリ, ミドリ, フナシマ, ナヲミ, アンザイ, ユキコ
作成者の別表記 SUGIMORI, Midori, FUNASIMA, Naomi, ANZAI, Yukiko
キーワード等 看護学実習, 授業構造, 看護教育, Nursing Clinical Practium, Instruction Structure, Nursing Education
日本十進分類法 (NDC) 492.907
内容 本研究は看護学実習の授業構造を明らかにする目的で行なわれた。対象はクライエント・学生・教師の3者が関わる実習場面であり,データ収集は参加観察法を用い,分析にはグラウンデッドセオリーアプローチを用いた。6実習場面を分析した結果,教授としての看護学実習は教材としての≪クライエントが提示した現象≫,学生の学習活動として≪実習目標達成のためのクライエントヘの看護活動≫≪実習目標達成のための教師との相互行為≫,教師の教授活動としての≪実習目標達成のための指導の準備と査定≫≪実習目標達成のための学生との相互行為≫,さらにクライエントヘのケアの質に関する保証を目的として教師自身が展開する≪クライエントヘの看護活動≫と言う内的構造を有することが明らかになった。今後,これらの結果に基づき実習方法,評価などの研究の累積の必要性が示唆された。
The purpose of this study was to explore the instruction structure in teaching=learning process of nursing climcal practicum. The materials for the study were the settings of nursing clinical practicum which clients, nursing students and teachers were involved in. The data collections were derived from non-participant-observation, and the grounded theory method was used for data analysis.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020480
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.14 page.1-6 (19920300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117590.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

915 times.


Search
Related Materials in




看護学実習
授業構造
看護教育
Nursing Clinical Practium
Instruction Structure
Nursing Education