Back
糖尿病幼児の気質の特徴と母親の育児や療養生活のうけとめ方について   :   Characteristics of Temperament of IDDM Preschoolers and their Mothers' attitudes toward Childcare and Diabetic Management : <原著> 

作成者 内田, 雅代, 兼松, 百合子, 佐々木, 望
作成者 (ヨミ) ウチダ, マサヨ, カネマツ, ユリコ, ササキ, ノゾム
作成者の別表記 UCHIDA, Masayo, KANEMATSU, Yuriko, SASAKI, Nozomu
キーワード等 IDDM Preschoolers, Temperament Mothers' Attitudes
日本十進分類法 (NDC) 493.123
内容 糖尿病幼児の気質の特徴,生活の実態及び母親の育児や療養生活の管理上の困難な点や思いについて,糖尿病幼児をもつ母親を対象に,面接及び質問紙により調査した。対象のIDDM幼児の年齢は2歳から5歳,男児3名,女児7名であった。IDDM幼児の気質の特徴として周期性が高く,順応性,持続性が低く,散漫性が高いものが多く見られた。気質のタイプ別では,Easy Childは3名,Difficult Childは1名であった。LDDM幼児の生活の実態は,「規則的」であり,食事療法を守らせることは「難しい」様であった。食事前や夜に低血糖を起こす児が多く,対処の仕方が「よく分かっている」は1名のみであった。血糖コントロールの母親の評価は適切で,母親は周囲の理解を得るために積極的に病気のことを話していた。療養生活上の困難な点として,食事や間食に関すること,時間に拘束される事をあげていた。育児や療養生活に対する母親のうけとめかたに関与するものとして児の年齢,罹病期間,「気質」が考えられ,看護援助の示唆がえられた。
公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020482
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.14 page.69-76 (19920300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117592.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

968 times.


Search
Related Materials in




IDDM Preschoolers
Temperament Mothers' Attitudes