Back
医療処置をうける小児の痛みの程度と行動に表れる反応   :   CHILDREN'S PAIN LEVEL AND BEHAVIORAL RESPONSES UNDER MEDICAL PROCEDURE : 原著 

作成者 中村, 美保, 兼松, 百合子, 小川, 京子
作成者 (ヨミ) ナカムラ, ミホ, カネマツ, ユリコ, オガワ, キョウコ
作成者の別表記 NAKAMURA, Miho, KANEMATSU, Yuriko, OGAWA, Kyouko
キーワード等 Pain, Pre-schooler, Temperament, Developmental Stage
日本十進分類法 (NDC) 492.925
内容 本研究は,外来受診時に採血をうける3歳から7歳の小児を対象に,採血によって小児が感じる痛みの程度と行動に表れる反応について,発達段階や気質などによる特徴を明らかにすることを目的とした。本研究で見出された結果を以下に示す。1.小児によるFace Pain Scaleの評価と観察された行動スケールの総点とは高い相関が認められた。2.処置中に泣いていた小児は泣かなかった小児より年齢が低く,Face Pain Scaleの評価が高かった。3.年齢が高いほど行動スケールの総点が低かったが,Face Pain Scaleの評価は必ずしも低くなかった。4.行動スケールの総点は気質のカテゴリーである機嫌の点数と関連性があった。
This study was to explore children's pain level and behavioral responses of 3-7year old children to the venipuncture performed at the pediatric out-patient treatment room. The findings were as follows. 1. A close correlation was found between face scale ratings and behavioral scale scores. 2. Those who cried during the procedure were younger and had higher on face scale ratings than those who didn't. 3. The older the age. the lower the behavioral scale scores but not necessarily lower on the face scale ratings. 4. Behavioral scale scores were correlated with scores on the quality of mood category of temperament characteristic.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020488
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.15 page.45-52 (19930300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117602.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

919 times.


Search
Related Materials in




Pain
Pre-schooler
Temperament
Developmental Stage