Back
入院中の老人の生活リズムの分析と援助   :   Analysis and Care of a Hospitalized Elderly's Case, Focused the Rhythm of Living : 事例報告 

作成者 永江, 美千代, 正木, 治恵, 佐藤, 弘美, 酒井, 郁子, 中山, 桂子, 野口, 美和子
作成者 (ヨミ) ナガエ, ミチヨ, マサキ, ハルエ, サトウ, ヒロミ, サカイ, イクコ, ナカヤマ, ケイコ, ノグチ, ミワコ
作成者の別表記 NAGAE, Michiyo, MASAKI, Harue, SATO, Hiromi, SAKAI, Ikuko, NAKAYAMA, Keiko, NOGUCHI, Miwako
キーワード等 生活リズム, 入院, 老人, 睡眠・覚醒
日本十進分類法 (NDC) 492.929
内容 本研究は,1人の入院している老人(75才,女性)について生活リズムの把握と援助を試みたケーススタディである。対象老人の生活リズムの乱れは頻尿による断眠と様々な心身の苦痛によっておこっていた。さらに,同室者への影響があり,互いのストレスとなっていた。これは自ら生活リズムを形成する力は弱まっているにもかかわらず,過剰な刺激を受けている状態と考えられた。我々の行った援助は,心理面の過剰な刺激や苦痛を減らすことにおいて効果があったと考えられるが,病状の悪化があり,生活リズム回復には至らなかった。
This study was a case study of the hospitalized elderly (75 years old, female). The rhythm of living was our centra concept. The subject's rhythm of living was disturbed by intermittent sleep, which was caused by frequent urinating, and by mental and physical suffering. Further, a patient, who shared the subject's room,was influenced by her disturbed rhythm, and they were found stressful each other. In spite of the elderly's weaken ability to keep the rhythm of living, she was given many stimuli. Our supports were effective to reduce stimuli and mental suffering. But her rythm of living didn't recover, because her condition grew worse.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020490
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.15 page.111-117 (19930300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117604.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1346 times.


Search
Related Materials in




生活リズム
入院
老人
睡眠・覚醒