Back
倫理的葛藤のある場面における小児癌専門看護婦の役割と看護実践に影響を与える因子 : 3人の米国小児癌専門看護婦の面接より   :   Pediatric Oncology Clinical Nurse Specialists' Roles and Factors Affecting on Their Practice Position in Situations of Ethical Dilemma : An Interview Report from the United States : 資料 

作成者 中島, 光惠
作成者 (ヨミ) ナカシマ, ミツエ
作成者の別表記 Nakashima, Mitsue, 中島, 光恵
キーワード等 Clinical Nurse Specialist, Ethical Dilemma, Pediatric Oncology Nurses
日本十進分類法 (NDC) 492.925
内容 アメリカ南部に位置する3ケ所の小児病院において,3人の小児癌専門看護婦に,倫理的葛藤のあった臨床場面においての役割について面接調査を行った。実験研究における被験者としての子供,治療拒否,治療中止/拒否,蘇生禁止(DNR),インフォームドコンセントに関しての専門看護婦の役割は,患者の代弁者,支援者,教育者,法的証人であった。専門看護婦の実践活動に影響を与える因子として,専門看護婦同士のサポートは有益であり,医師の専門看護婦に対する役割の認識不足はマイナスであった。
Through interviews with three Clinical Nurse Specialists (CNS) in different pediatric oncology units, the CNS as a patients' advocate, supporter, educator, and witness were cleared in five questions related to ethical problems. The factors which helped their practice position as pediatric oncology CNS were recognition of their roles by colleagues in their hospitals. The lack of physicians' knowledge of their roles hurt their practice positions.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020492
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.15 page.139-143 (19930300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117606.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1010 times.


Search
Related Materials in




Clinical Nurse Specialist
Ethical Dilemma
Pediatric Oncology Nurses