Back
セルフケア援助に関する研究 : 糖尿病患者の1事例を通して   :   ANALYSIS OF SELF-CARE EDUCATION WITH A DIABETIC PATIENT : 原著 

作成者 正木, 治恵
作成者の別表記 MASAKI, Harue
キーワード等 セルフケア, 糖尿病患者, 事例研究
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 慢性疾患患者のセルフケアの発展を促す援助について検討するために,セルフケアが発展したと考えられる糖尿病患者1事例の看護経過を分析し,以下の結果を得た。(1)自己管理態度をより積極的な方向に変化させるためには,患者が糖尿病の自己管理をその患者にとっての価値の系列に位置づけることを援助することが必要であり,そのためには存在認知的アプローチが効果的である。(2)自己管理行動の習得を促すためには,セルフケアのプロセスに則した指導的アプローチが効果的である。(3)セルフケア援助には,存在認知的アプローチと指導的アプローチという2つの異なる種類の援助を使い分けることのできる専門的判断が必要である。
The purpose of this case-study was to clarify the nursing approach for self-care education. The results were as follows : (1) "Recognizing approach" has on how the patient feels about suffering from diabetes and what it means to him. This approach contributes the patient to obtain positive attitudes about the therapeutic self-care. (2) "Teaching approach" has on what the patient needs on the self-care process. This approach contributes the patient to acquire behaviors of the therapeutic self-care. (3) "Recognizing approach" and "teaching approach" are both important for the selfcare education.

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020499
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.16 page.51-59 (19940300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117617.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1242 times.


Search
Related Materials in




セルフケア
糖尿病患者
事例研究