Back
気管支喘息児の日常生活,ストレス,ソーシャルサポートについて   :   A Study on Daily life, Stress, and Social support of Children with Asthma : <資料> 

作成者 内田, 雅代, 中村, 美保, 武田, 淳子, 古谷, 佳由理, 中島, 光惠, 兼松, 百合子, 河野, 陽一
作成者 (ヨミ) ウチダ, マサヨ, ナカムラ, ミホ, タケダ, ジュンコ, フルヤ, カユリ, ナカシマ, ミツエ, カネマツ, ユリコ, カワノ, ヨウイチ
作成者の別表記 UCHIDA, Masayo, NAKAMURA, Miho, TAKEDA, Jyunko, FURUYA, Kayuri, NAKASHIMA, Mitue, 中島, 光恵, KANEMATSU, Yuriko, KOUNO, Youichi
キーワード等 Children With astma, Daily life Stress, Social support
日本十進分類法 (NDC) 492.925
内容 外来通院中の小学4年生から高校生までの気管支喘息児を対象に,日常生活の現状,ストレスの程度,周囲の人々から感じているサポートについて,それぞれ自作の質問紙を用いてこども自身に調査した。その結果,男児14人,女児12人,計26人から回答が得られた。ストレス体験では「病気のことで悩んだ」が13人と最も多く,病気であるためのストレス体験が多かった。ソーシャルサポートの程度は,親,友人,医師・看護婦,先生の順に低くなっていた。学校生活の状況では,体育に「いつも参加」が15人,「身体の状態によって」が11人で,ストレスの平均点は「いつも参加」の方が低かった。「学校生活が楽しい」は18名と多く「つまらない」は1人であり,この患児のストレスは高く,「病気のためみんなと同じようにできない」と訴えていた。療養行動では,喘息カレンダーを「いつも自分で」つけるのは6人,また,発作が起こりそうな時の対処行動として,「水を飲む」「痰を出す」はそれぞれ10人,「腹式呼吸は」3人と少なく,セルフケア行動においては,自立性が低い傾向がみられた。患児の気持ちを確認しながら,発作の予防のためのセルフケア行動の意義や実際の対処方法を患児自身が見出せるよう援助していくとともに,周囲の理解と協力を求めていくことがセルフケア行動促進への援助につながると思われる。
公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020504
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.16 page.119-122 (19940300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117622.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

928 times.


Search
Related Materials in




Children With astma
Daily life Stress
Social support