Back
諸外国における看護婦養成教育大学化への促進要因及び阻害要因の検討 : 大学化が進展しているオーストラリア・カナダ・アメリカに焦点を当てて   :   Factors Encouraging and Discouraging the transfer to higher education of nursing in Australia, Canada and U. S. A. : <原著> 

作成者 舟島, なをみ, 杉森, みど里, 定廣, 和香子, 亀岡, 智美
作成者 (ヨミ) フナシマ, ナヲミ, スギモリ, ミドリ, サダヒロ, ワカコ, カメオカ, トモミ
作成者の別表記 FUNASHIMA, Naomi, SGUMORI, Midori, SADAHIRO, Wakako, KAMEOKA, Tomomi
キーワード等 nursing education, transfer to higher education, historical research
日本十進分類法 (NDC) 492.907
内容 本研究は,看護教育制度が大学教育へと移行しつつあるオーストラリア・カナダ・アメリカを対象にその促進要因と阻害要因とを明らかにすることにより,わが国における看護婦養成教育制度改革の基礎資料とすることを目的としている。歴史的研究のデザインを用い,上記3ヶ国の1960年度以降の教育制度改革に関わる文献を分析した。その結果,看護教育制度大学化の促進要因としてオーストラリアから7要因,カナダから4要因,アメリカから4要因が抽出された。また,阻害要因としては,オーストラリアからは7要因,カナダから4要因,アメリカから4要因が抽出された。これらの促進要因のうち,【看護と看護婦養成教育に関する調査・研究報告】【看護婦職能団体の活動】【財政援助を含めた行政府の協力】といった3要因は,3カ国すべてに共通していた。一方,阻害要因においては,【医師をはじめとした他職種および病院協会からの反対】,【看護職能団体を含めた看護職内部の意見対立】といった2要因が3カ国すべてに共通していた。これらの結果から,今後,看護婦養成教育施設や,看護職能団体の活動に関する調査研究の必要性が示唆された。
The purpose of this study is to clarify both the Encouraging and Discouraging factors in promoting a switch from educating and training nurses in nurses schools operated by hospitals to education at universities, colleges, and junior colleges, as in Austr

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020517
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.18 page.37-45 (19960300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117643.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

983 times.


Search
Related Materials in




nursing education
transfer to higher education
historical research