Back
臨床実習カンファレンスの展開の分析   :   An Analysis of A Teacher's Approach in the Group Discussion of Nursing Clinical Practicum : <原著> 

作成者 正木, 治恵, 野口, 美和子, 湯浅, 美千代, 佐藤, 弘美, 黒田, 久美子
作成者 (ヨミ) マサキ, ハルエ, ノグチ, ミワコ, ユアサ, ミチヨ, サトウ, ヒロミ, クロダ, クミコ
作成者の別表記 MASAKI, Harue, NOGUCHI, Miwako, YUASA, Michiyo, SATO, Hiromi, KURODA, Kumiko
キーワード等 臨床看護実習, カンファレンス, 教師の展開技術
日本十進分類法 (NDC) 492.907
内容 成人内科系看護実習でのカンファレンスの内容をテープ録音し,その実習カンファレンスの展開を分析し,教育的意義を検討した。その結果,4種類の展開のパターン,すなわち,「看護過程」を吟味する展開,看護活動を発展させる展開,看護活動の意味を抽出する展開,ならびに学生の自己理解を促す展開,を抽出した。『看護活動を発展させる展開』が最も多かったのは,患者の変化をもたらすにはある程度長期間を必要とする内科系看護実習の特徴を反映していると考えられ,これによって内科病棟における慢性疾患患者の看護を短期間に学ぶことを可能にしていると考えられた。また,このカンファレンスの展開の効果は,教師の発問等,教師の力量に影響されると考えられた。
The purpose of this study was to analyze a teacher's approach in the group discussion of nursing clinical practicum. Twelve groups' (62 students) discussions were recorded on tapes and were transcribed word for word. The following four approaches were claryfied from the data : an approach of discussing the Nursing Process, an approach of developing nursing interventions, an approach of deriving meanings of nursing interventions, an approach of paying attention to students' self-understanding. The approach of developing nursing interventions was frequently appeared in the group discussions.This approach helps students learn nursing for the patients with chronic illness in a short term.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020520
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.19 page.27-34 (19970300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117650.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

995 times.


Search
Related Materials in




臨床看護実習
カンファレンス
教師の展開技術