Back
慢性疾患患児をもつ母親の育児ストレスの特徴と関連要因 : 健康児の母親との比較から   :   Determinants of stress experienced by mothers of young chronically-ill children : The comparison with healthy children : <原著> 

作成者 丸, 光惠, 兼松, 百合子, 中村, 美保, 工藤, 美子, 武田, 淳子
作成者 (ヨミ) マル, ミツエ, カネマツ, ユリコ, ナカムラ, ミホ, クドウ, ヨシコ, タケダ, ジュンコ
作成者の別表記 MARU, Mitue, KANEMATSU, Yuriko, NAKAMURA, Miho, KUDO, Yoshiko, TAKEDA, Junko
キーワード等 慢性疾患, 子ども, 育児ストレス, 母親, ソーシャルサポート
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 慢性疾患を持つ病児の母親と,病児と年齢,性別の一致した健康児の母親の34組を対象に,日本版Parenting Stress Indexを用いて育児ストレスと,育児ストレスに関連する要因を調査した。病児の母親の育児ストレスは健康児より高く,それは子どもの特徴に起因していた。母親の病児に対する期待や思いと,現実の病児の行動や反応に対する受けとめ方とのずれを調整することが,育児ストレスを緩和する上で重要であることが示唆された。また,日本版PSIは,病児の母親のストレスを客観的に把握する上で有用であると思われた。病児の父親のサポートは,母親の抑鬱などのストレスと負の相関があり,母親へのサポートを維持できるように援助することが必要であると思われた。
Parenting stress of mothers of chronically-ill childrenand its determinants was compared with those of healthy children by using Japanese version of Parenting Stress Index. Stress of mothers of chronically-ill children was higher than those of healthy comparison and it was related to children's characteristics. Husbands' support mediated parenting stress. The gap between mothers' ideal children and chronically-ill children in reality may produce parenting stress. Nurses need to support mothers who need to adjust this gap. The Japanese version of PSl may be useful to characterize parenting stress. Husbands' support was mediated parenting stress related to depression. Nurses need to support for maintaining this supportive relationship.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020522
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.19 page.45-51 (19970300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117652.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1128 times.


Search
Related Materials in




慢性疾患
子ども
育児ストレス
母親
ソーシャルサポート