Back
痛みを伴う医療処置に対する幼児の対処行動   :   YOUNG CHILDREN'S COPING BEHAVIORS DURING PAINFUL MEDICAL PROCEDURES : <原著> 

作成者 武田, 淳子, 松本, 暁子, 谷, 洋江, 小林, 彩子, 兼松, 百合子, 内田, 雅代, 鈴木, 登紀子, 丸, 光惠, 古谷, 佳由理
作成者 (ヨミ) タケダ, ジュンコ, マツモト, アキコ, タニ, ヒロエ, コバヤシ, サイコ, カネマツ, ユリコ, ウチダ, マサヨ, スズキ, トキコ, マル, ミツエ, フルヤ, カユリ
作成者の別表記 TAKEDA, Junko, MATSUMOTO, Akiko, TANI, Hiroe, KOBAYASHI, Saiko, KANEMATSU, Yuriko, UCHIDA, Masayo, SUZUKI, Tokiko, MARU, Mitsue, FURUYA, Kayuri
キーワード等 採血, 痛み, 就学前幼児, 対処行動
日本十進分類法 (NDC) 492.925
内容 本研究は,小児科外来受診中の2歳から6歳の小児を対象として,採血時に小児がとる対処行動の特徴を明らかにする事を目的とした。28名のべ33の採血場面を観察し,以下の結果が得られた。1.処置前・中・後と経過がすすむにつれて小児のとる対処行動は減少した。2.処置の全経過を通して自己防衛行動が最も多く,中でも目で見て確認する行動が最も多かった。3.2〜3歳の年少幼児に比して4〜6歳の年長幼児は,処置時にとる対処行動数が多く,多様であった。4.処置に主体的に参加する行動を示した小児は,泣かずに処置を受けていた。
The purpose of this study was to explore coping behaviors of 2 to 6 year-old children during venipunctures at a pediatric out-patient unit. 33 venipunctures with 28 children were observed and the following results were found. 1. As the process of a venipuncture proceeded, children's coping behaviors decreased. 2. The coping behaviors most frequently observed during the whole process of a venipuncture were self-protective behaviors. Especially, visual examination was used most often in all phases. 3. Coping behaviors of 4 to 6 year-old children during venipunctures were more frequent and more various than those of 2 to 3 year-old children. 4. Children who participated in venipunctures with independent attitudes did not cry in all phases.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020523
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.19 page.53-60 (19970300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117653.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

965 times.


Search
Related Materials in




採血
痛み
就学前幼児
対処行動