Back
気管支喘息患児の親のライフスタイルに関する研究   :   Lifestyle of Parents of Children with Bronchial Asthma : <原著> 

作成者 松岡, 真里, 丸, 光惠, 武田, 淳子, 中村, 伸枝, 兼松, 百合子, 松本, 暁子, 内田, 雅代, 竹内, 幸江, 佐藤, 奈保, 栗林, 浩子, 篠原, 玲子, 西牟田, 敏之
作成者 (ヨミ) マツオカ, マリ, マル, ミツエ, タケダ, ジュンコ, ナカムラ, ノブエ, カネマツ, ユリコ, マツモト, アキコ, ウチダ, マサヨ, タケウチ, サチエ, サトウ, ナホ, クリバヤシ, ヒロコ, シノハラ, レイコ, ニシムタ, トシユキ
作成者の別表記 MATSUOKA, Mari, MARU, Mitsue, TAKEDA, Junko, NAKAMURA, Nobue, KANEMATSU, Yuriko, MATSUMOTO, Akiko, UCHIDA, Masayo, TAKEUCHI, Sachie, SATO, Naho, KURIBAYASHI, Hiroko, SHINOHARA, Reiko, NISHIMUTA, Toshiyuki
キーワード等 ライフスタイル, 気管支喘息, 母親
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 気管支喘息患児をもつ母親の,1)ライフスタイルの実態を明らかにする,2)ライフスタイルの要素間の関連を明らかにする,3)母親の特性,喘息児の特性とライフスタイル間の関連を明らかにする,ことを目的に研究を行った.対象は,喘息児をもつ75名の母親であった.質問紙による調査の結果,以下のことが明らかとなった.気管支喘息患児をもつ母親は,家族の健康に関心が高く,楽観的な考えの母親ほど,日常の中でストレスを管理している様子が明らかとなった.また,こどもの自立を望み,子育てへの関心も高かった.しかし,発作に関するストレスや薬の不安などを抱く母親も多く,発作が母親のストレスとなり,発作をコントロールするためにこどもへの統制的な関わりが増していた.以上より,疾患管理についてのみでなく,子育てについてをともに考え,母親自身の生活が充実したものになるように援助することが,喘息児の発作のコントロール,ひいては児の自立にもつながると考えられた.
The purposes of this study are 1) to describe lifestyle of mothers of children with Bronchial Asthma. 2) to analyze the correlation between the subcategories of mothers' lifestyle, 3) to analyze the correlation between their age and type of employment and

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020536
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.20 page.59-68 (19980300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117670.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

917 times.


Search
Related Materials in




ライフスタイル
気管支喘息
母親