Back
学生が評価主体となる看護系大学授業過程評価スケール(講義用)の開発   :   Development of Student's Evaluation Scale on Teaching-Learning Process at School of Nursing in Higher Education-Lecture : 原著 

作成者 舟島, なをみ, 杉森, みど里, 定廣, 和香子, 野口, 美和子, 平山, 朝子, 佐藤, 禮子, 前原, 澄子, 山口, 瑞穂子
作成者 (ヨミ) フナシマ, ナヲミ, スギモリ, ミドリ, サダヒロ, ワカコ, ノグチ, ミワコ, ヒラヤマ, アサコ, マエハラ, スミコ, ヤマグチ, ミホコ
作成者の別表記 FUNASHIMA, Naomi, SUGIMORI, Midori, SADAHIRO, Wakako, NOGUCHI, Miwako, HIRAYAMA, Asako, MAEHARA, Sumiko, YAMAGUCHI, Mihoko
キーワード等 Development of Measuring Tool, School of Nursig in Higher Education, Evaluation on Teaching Learning Process
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 本研究の目的は,看護学生が評価主体となる授業過程評価スケール(講義用)を開発し,その信頼性・妥当性を検討することである.スケールの質問項目は,看護学の講義過程に対する学生の評価基準を質的帰納的に抽出した先行研究の成果に基づき作成した.作成過程においては,内容的妥当性検討のための質問紙調査及びパイロットスタディを含む3段階の手続きを経た.本調査は,5件の講義,計409名の学生を対象に行った.その結果,授業過程評価スケール(講義用)のクロンバックa信頼性係数は,0.95であり,一元配置分散分析の結果は,5件の講義に対する学生の授業評価の総得点に,有意差(p<0.01)があることを示した.これらの結果は,開発した看護系大学授業過程評価スケール(講義用)の信頼性が高く,授業過程の質の相違を識別する能力を持つことを示唆した.
The purpose of this research was to develop a scale which measure and evaluate teaching-learning process at school of nursing from student's perspective. Items of the scale were developed on the basis of a qualitative research which clarified evaluating c

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020541
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.21 page.1-7 (19990300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117678.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

873 times.


Search
Related Materials in




Development of Measuring Tool
School of Nursig in Higher Education
Evaluation on Teaching Learning Process