Back
臨地実習後に行う在宅ケア援助演習における教員の役割   :   Post-nursing practicum teaching : role of the faculty in home care nursing program : <短報> 

作成者 山田, 洋子, 高屋, 順子, 井出, 成美, 宮﨑, 美砂子, 平山, 朝子
作成者 (ヨミ) ヤマダ, ヨウコ, タカヤ, ジュンコ, イデ, ナルミ, ミヤザキ, ミサコ
作成者の別表記 YAMADA, Yoko, TAKAYA, Junko, IDE, Narumi, MIYAZAKI, Misako, HIRAYAMA, Asako
キーワード等 在宅ケア援助, 教員の働きかけ, 実習直後の演習, 概念の検証
日本十進分類法 (NDC) 492.907
内容 臨地実習後に行う在宅ケア援助に関する演習における教員の働きかけの特質と学生の看護概念の検証状況を,教員の意図,意図を伝えるために用いた働きかけの方法,導かれた学生の学びから検討し,教員の役割を考察した.その結果,教員は,学生が認識を表現することを促すとともに,教員自身の看護概念を伝えるという働きかけにより,学生の概念検証を促す役割をもっていた.また,教員の働きかけの意図が,学生の学びの深まりに影響を及ぼすことが確認できた.
公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020547
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.21 page.81-84 (19990300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117684.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

821 times.


Search
Related Materials in




在宅ケア援助
教員の働きかけ
実習直後の演習
概念の検証