Back
看護職者としての専門的思考の形成を促進する教育方法の検討 : 実習体験の振り返りにおける学生-教師間のコミュニケーション過程の分析より   :   Educational Method to Promote the Forming Process of Professional Recognition of Nursing : Communication between Students and Teachers in Reflecting the Experiences on Nursing Practicum : <事例報告> 

作成者 和住, 淑子, 山本, 利江, 青木, 好美, 田村, 房子, 山岸, 仁美
作成者 (ヨミ) ワスミ, ヨシコ, ヤマモト, トシエ, アオキ, ヨシミ, タムラ, フサコ, ヤマギシ, ヒトミ
作成者の別表記 WAZUMI, Yoshiko, YAMAMOTO, Toshie, AOKI, Yoshimi, TAMURA, Fusako, YAMAGISHI, Hitomi
キーワード等 実習体験, 振り返り, 専門的思考, 学生-教師間コミュニケーション
日本十進分類法 (NDC) 492.907
内容 看護識者としての専門的思考の形成を目的に,基礎看護実習を終えた段階の学生に,自己の実習体験を振り返るグループワーク形式の授業を展開した.本報告は,この授業において,実習体験に対する見方に顕著な変化を示した学生1グループとその変化にかかわった教師のコミュニケーション過程を,教育目標に照らして分析したものである.その結果,看護職者としての専門的思考の形成を促進する上で,学生が対象のよりよい状態を思い描くことができるように,学生自身の体験した看護場面の構造を,対象者の位置から事実に即して見抜くことを支援する教育方法を開発する必要性が示唆された.
The purpose of this study was to examine the educational method to promote the forming process of the professional recognition of nursing. The subjects of this study were the communication process between students and teachers in reflecting experiences on their first nursing practicum. The students whose view of their experiences had remarkable change were examined by educational aims and evaluated. As a result, it was suggested that the educational method to help students to imagine good healthy states of their patients practically and to examine the structure of nursing process on the basis of the facts were effective to promote the forming process of the professional recognition of nursing.

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020562
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.23 page.29-33 (20010300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117705.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

835 times.


Search
Related Materials in




実習体験
振り返り
専門的思考
学生-教師間コミュニケーション