Back
ネブライザーにおける使用液とその保存条件およびネブライザー本体の管理方法に関する実験的研究   :   The Experimental Study on The Reservoir Solutions, Their Storage Condition and Handling of Nebulizers : 原著 

作成者 岡田, 忍, 西尾, 淳子, 木幡, 暁子, 福元, 恵, 丹下, 真希, 鈴木, 明子, 吉沢, 花子
作成者 (ヨミ) オカダ, シノブ, ニシオ, ジュンコ, キバタ, アキコ, フクモト, メグミ, タンゲ, マキ, スズキ, アキコ, ヨシザワ, ハナコ
作成者の別表記 OKADA, Shinobu, NISHIO, Junko, KIBATA, Akiko, FUKUMOTO, Megumi, TANGE, Maki, SUZUKI, Akiko, YOSHIZAWA, Hanako
キーワード等 ネブライザー, 使用液, 保存条件, 薬液槽, エアロゾル, 乾燥
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 ネブライザーの使用液として,人工的にAcinetobacterで汚染した滅菌蒸留水,滅菌生理食塩水,滅菌常用水およびStaphylococcus epidermidisで汚染した滅菌生理食塩水を,37℃,室温,4℃(Acinetobacterのみ)で3日間保存し,菌の生育状況を保存前と比較したところ,蒸留水,生理食塩水では,いずれの保存条件でもほとんど菌の増殖は認められなかったが,常用水では室温,37℃の2条件で菌の増殖がみられた.薬液槽の汚染菌量とエアロゾル中の検出菌数の関係については,薬液槽の汚染菌液の濃度が2×10^2CFU/mlの場合には,エアロゾル中にほとんど菌は検出されなかったが,2×10^3CFU/ml以上では,エアロゾル中の1分あたりの検出コロニー数は,薬液槽の菌量と相関して増加した.乾燥による菌の不活化についてはAcinetobacter,Staphylococcus epidermids, Pseudomonas aeruginosaとも5時間の乾燥で99〜100%の菌が不活化された.以上より,ネブライザーの使用液には滅菌蒸留水または滅菌生理食塩水を用い,その保存は冷蔵庫で行い,汚染は2×10^2CFU/ml以下に抑えるべきであると考えられた.また,ネブライザー本体の管理における乾燥の重要性が示された.
Sterilized distilled water, saline and tap water were intentionally contaminated with Acinetobacter sp. or S. epidermidis. Each solution was stored for 3 days at 37℃, room temperature or 4℃, and then viable numbers of bacteria of each solution was compare

公開者 千葉大学看護学部
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンゴ ガクブ
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020570
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.24 page.31-36 (20020300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117716.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

873 times.


Search
Related Materials in




ネブライザー
使用液
保存条件
薬液槽
エアロゾル
乾燥