Back
看護実践方法論の適用に必要な専門知識の広がりと深さ   :   Necessary Knowledge Spread and Depth for Applying Nursing Methodology to Paper Patient : <原著> 

作成者 山本, 利江, 青木, 好美, 河部, 房子, 高橋, 幸子, 永田, 亜希子, 和住, 淑子
作成者 (ヨミ) ヤマモト, トシエ, アオキ, ヨシミ, カワベ, フサコ, タカハシ, サチコ, ナガタ, アキコ, ワズミ, ヨシコ
作成者の別表記 YAMAMOTO, Toshie, AOKI, Yoshimi, KAWABE, Fusako, TAKAHASHI, Sachiko, NAGATA, Akiko, WAZUMI, Yoshiko
キーワード等 実践方法論, アセスメント, 専門知識, カリキュラム, nursing practice methodlogy, assessment, knowledge, curriculum
日本十進分類法 (NDC) 492.9
内容 看護実践方法論を演習事例2事例に適用した教員の思考過程を記述し,看護判断を導いたアセスメントにおいて,どのような専門知識がどのように使われているかを分析した.その結果,使われた専門知識は人間学,機能代謝学,病態学,社会福祉学の学習内容に及んだ.そして対象の事実から,対象の健康にとっての意味を明らかにする表象化において,「ライフサイクルの各時期の生命力の幅に照らして,生活調整の限界と拡大の可能性を見いだす」「年齢と患者固有の生活過程の特徴から,予備力の幅を見通す」「健康障害の本質に照らして,細胞レベルの変化から代謝の亢進と減退をとらえ,人体のホメオダイナミックスが機能している回復過程の全体像を描く」「回復過程の各段階において遭遇する新たな身体感覚や障害を,受容する過程で生じうる葛藤を見通す」「支援する力の構造を見極め,拡大の可能性と起こりうる対立を見いだす」「介護主体者に生じる葛藤と困難を予想する」という観点から,専門知識が呼び起こされ使われていることが明らかとなった.
This study intended to make what kind of knowledge was used in judgment of a nurse who applied nursing practice methodology into paper patients. Process of thinking of the nurse who applied nursing practice methodology was described, and analyzed. As a result, the knowledge used for judgmentof a nurse extended to-human science, physiology,pathology and social welfare studies indepth. And it also became clear that a nurseneeded technical knowledge in case to judge thefollowing situation.1 ) assessing possibility of lie ability that metlife cycle2 ) assessing surplus energy of the patient byage and his/her own life situation3 ) imaging the reparative process on the basisof homeodynamics of the human body4 ) predicting a tangle to occur by a process toreceive an obstacle5 ) ascertaining structure of power to supportthe patient and assessing possibility of expansion6) predicting a tangle and difficulty to occurwith the family taking care of the patient

公開者 千葉大学看護学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020582
ISSN 0387-7272
NCID AN00142705
掲載誌情報 千葉大学看護学部紀要 Vol.25 page.45-51 (20030300)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142705/KJ00000117731.pdf
情報源 Journal of School of Nursing, Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

911 times.


Search
Related Materials in




実践方法論
アセスメント
専門知識
カリキュラム
nursing practice methodlogy
assessment
knowledge
curriculum