Back
『デモクリトスとエピクロスの自然哲学の差異』における自然-人間了解 (上) : 経済学史と自然認識   :   On the Nature-Man Relationship in 'The Difference between Demokrtitos' and Epikuros' Naturphilosophy' (1) : Nature in the History of Economic Theory 

タイトル (ヨミ) デモクリトス ト エピクロス ノ シゼン テツガク ノ サイ ニ オケル シゼン ニンゲン リョウカイ ジョウ ケイザイガクシ ト シゼン ニンシキ イチカワ カオル キョウジュ タイカン キネンゴウ
作成者 工藤, 秀明
作成者の別表記 Kudo, Hideaki
日本十進分類法 (NDC) 330
内容 Around 1970,ecological problems which the high economic growth brought about raised the radical question to the economic theory and it was said that economics fell in a crisis. Since then, many economists have studied environmental problems in various way
市川薫教授退官記念号
Collected Papers on the Occasion of the Retirement of Professor Kaoru Ichikawa

公開者 千葉大学経済学会
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00020669
ISSN 0912-7216
NCID AN10005358
掲載誌情報 千葉大学経済研究 Vol.10 no.3 page.209-230 (19951206)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10005358/KJ00000171098.pdf
情報源 Economic journal of Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

848 times.


Search
Related Materials in