Back
腫瘍間質をターゲットとした癌の遺伝子治療の基礎的検討 

作成者 滝口, 裕一
作成者の別表記 瀧口, 裕一, タキグチ, ユウイチ
キーワード等 肺癌, 腫瘍間質, 線維芽細胞, hepatocyte growth factor, vascular endothelial growth factor, 遺伝子治療
日本十進分類法 (NDC) 491.65
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2000年度
研究課題番号:11670567
研究概要:ヒト肺小細胞癌株(Wa)とその間質線維芽細胞(W-fib)の相互作用について検討した。W-fibをfeederとして共培養した場合のplating efficiencyは、Waに比べ有意に亢進し、ヌードマウス皮下腫瘍形成でも、Wa単独接種に比べ、W-fibを同数混じて接種する場合では、腫瘍形成潜時の有意な短縮を認めた。以上より、in vitro、in vivoにおいて、Waの腫瘍形成に対し、その間質細胞であるW-fibは促進作用があると思われる。次に、W-fibに、in vitroでβ-gal遺伝子を導入し、W-fibを特異的に染色同定できるように処理した後、WaとW-fibを混じでヌードマウス皮下に接種し、腫瘍形成過程における線維芽細胞の役割を形態的に観察することに成功した。腫瘍が島状に増殖し、β-gal陽性の線維芽細胞はそれを取り巻くように分布し、また腫瘍内の血管に沿ってもその分布が確認された。WaとW-fibの相互作用のメカニズムを解析する目的で、培養上清中の各種増殖因子をELISAにより測定した。共培養開始18時間後に、培養上清中のHGFは一旦著増し、48時間以内に消失した。HGFのピークに引き続き、VEGFが数日にわたって著増した。一方、Wa単独、W-fib単独培養では、HGF、VEGFとも検出されなかった。さらにHFGはW-fibから、VEGFは主にWaから産生されることが判明した。HGFに対するアンチセンスオリゴDNAを培養上清に添加することにより、VEGF産生、Waのplating efficiency の亢進効果がブロックされることが確認された。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021194
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/11670567.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

497 times.


Search
Related Materials in




肺癌
腫瘍間質
線維芽細胞
hepatocyte growth factor
vascular endothelial growth factor
遺伝子治療