Back
好酸球性炎症の抑性機序の解析 

作成者 徳久, 剛史
キーワード等 アレルギー炎症, 好酸球, BCL6, ノックアウトマウス, トランスジェニックマウス, IL-5, 遺伝子治療, ウイルスベクター
日本十進分類法 (NDC) 493.14
内容 研究種目:科学研究費補助金萌芽的研究
報告年度:2001年度
研究課題番号:12877036
研究概要:アレルギー性炎症の慢性化には好酸球の関与が大きいことや、この好酸球の活性化にはIL-5が大きな役割をしていることがすでに明らかにされている。しかし、IL-5の産生制御を含めた好酸球の機能抑制機序はいまだ明らかでない。私達は、胚中心におけるメモリーB細胞分化に必須な転写抑制因子であるBCL6の機能解析から、BCL6欠損(KO)マウスが著しい好酸球性炎症を起こすことや、その標的遺伝子の一つがIL-5遺伝子であることを見いだしている。そこで本研究では、BCL6を用いた生体レベルでの好酸球性炎症抑制システムの開発を試みた。その結果、BCL6-KOマウス由来のT細胞を抗CD3抗体で刺激するとIL-5の異常産生増強が見られることから、このIL-5の産生異常がBCL6-KOマウスに見られる好酸球性炎症の主な原因であることが示唆された。そこでつぎに、T細胞でのみBCL6を強発現するトランスジェニック(lck-BCL6)マウスを作製し、そのマウス由来の脾臓T細胞を抗CD3抗体で刺激すると、IL-5の産生が著しく抑制されることを明らかにした。さらに、このlck-BCL6マウスとBCL6-KOマウスを交配して、T細胞でのみBCL6の発現が見られるBCL6-KOマウス(レスキューマウス)を作製したところ、BCL6-KOマウスに見られた好酸球性炎症が全く見られなくなった。上記の結果から、BCL6-KOマウスに見られる好酸球性炎症の主な原因が、IL-5の過剰産生を含むT細胞の機能異常によることを明らかにした。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021199
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/12877036.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

666 times.


Search
Related Materials in




アレルギー炎症
好酸球
BCL6
ノックアウトマウス
トランスジェニックマウス
IL-5
遺伝子治療
ウイルスベクター