Back
高強度コンクリート部材の耐火性に関する研究 

作成者 上杉, 英樹
キーワード等 火災, コンクリート, 高強度コンクリート, 耐火, 応力-ひずみ曲線, 熱応力解析
日本十進分類法 (NDC) 511.7
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2003年度
研究課題番号:13650618
研究概要:本研究は、高温時における高強度コンクリートの応力-ひずみ関係に関する基礎データを蓄積し、得られた基礎データに基づき部材および骨組の解析を行い、火災時おける高強度鉄筋コンクリート構造物の安全性の検討に資せんとするものである。昨年度まででは、高強度コンクリートの高温圧縮実験を実施して、常温?700℃における応力-ひずみ曲線を蓄積し、また昇温・降温時に生じる熱膨張ひずみ・全体ひずみに関するデータを蓄積した。本年度は、高強度コンクリートの高温クリープ実験を実施した。これより、高強度コンクリートの常温?700℃におけるクリープひずみと時間の関係が得られた。同材料で3種類の調合(水結合材比18%・24%・35%)でクリープ実験を実施した結果、調合の違いによるクリープひずみへの影響は小さいことが明らかになった。また、既往に行った普通コンクリートの実験と比較して、高強度コンクリートの方が若干クリープひずみは大きくなることが確認された。定常温度圧縮実験・全体ひずみ実験(平成13・14年度実施)とクリープ実験(平成15年度実施)データを整理し、高温時における高強度コンクリートの機械的特性について近似式を作成した。また、この近似式を熱応力変形解析プログラムのコンクリートモデルに組み込み、高強度RC柱の耐火試験について熱応力変形解析を行い、実験値と解析値の比較を試みた。既往に提案されているEurocode等のコンクリートモデルに対して、本実験より得られた高強度コンクリートモデルで解析した結果は、実験値によく一致した。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021200
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/13650618.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

476 times.


Search
Related Materials in




火災
コンクリート
高強度コンクリート
耐火
応力-ひずみ曲線
熱応力解析