Back
免疫記憶T細胞分化の分子機構の解析 

作成者 徳久, 剛史
キーワード等 メモリーT細胞, 転写因子, BCL6, トランスジェニックマウス, Homeostatic Proliferation, Central Memory T Cell, BAZF, CD8 T Cells
日本十進分類法 (NDC) 463
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2003年度
研究課題番号:14570276
研究概要:成熟T細胞のメモリーT細胞への分化機構を転写因子(BCL6、やBAZF)のレベルで明らかにすることを目的として、これらの遺伝子を欠損させたマウスやT細胞において過剰発現させたトランスジェニック(Tg)マウスを作製した。そして、これらのマウスの脾臓やリンパ節におけるメモリーT細胞の分化異常を免疫学的に解析した。その結果、1)BCL6は、Naive T細胞からメモリーT細胞、特に増殖の盛んなCentral Memory T細胞への分化過程においてその発現量が増加することをNorthern法で明らかにした。2)BCL6のメモリーCD8T細胞分化における機能を解析するため、lck-BCL6マウスにOT1 Tgマウスを交配させてOVA抗原で刺激した後、BCL6の過剰発現下におけるOVA特異的メモリーCD8T細胞の割合の増加を免疫学的に解析した。その結果、BCL6過剰発現により、抗原刺激によりメモリーCD8T細胞のなかでも増殖能の強いCentral Memory CD8T細胞数の増加が一番強いことを明らかにした。3)BAZFのメモリーT細胞分化における機能解析するために、lck-BAZF TgマウスやBAZF-KOマウスを作製し、そのT細胞分画におけるメモリーT細胞(CD44+CD25-)の割合を免疫学的に解析した。しかし、これらのマウスの脾臓やリンパ節において、メモリーT細胞の割合は、正常コントロールマウスと変わりなかったことから、BAZFは、メモリーT細胞の分化には機能していないことを明らかにした。

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021206
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/14570276.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

948 times.


Search
Related Materials in




メモリーT細胞
転写因子
BCL6
トランスジェニックマウス
Homeostatic Proliferation
Central Memory T Cell
BAZF
CD8 T Cells