Back
車椅子搭乗者の乗り心地をシミュレートする人体振動有限要素モデルの構築 

作成者 青木, 弘行
キーワード等 車椅子, 乗り心地, 人体振動, 振動シミュレーション, 三次元人体モデル, 有限要素法, 振動様式, 重回帰式
日本十進分類法 (NDC) 536.84
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2000年度
研究課題番号:11832004
研究概要:本研究は、福祉車両によって移動する車椅子搭乗者の快適性向上の可能性を探るために、車両移動中に振動に曝される車椅子とそれに搭乗する使用者を車椅子-人振動系と捉え、振動工学的側面からその乗り心地も含む振動特性の解明を試みたものである。福祉車両を日常的に使用する車椅子利用者への聞取り調査と実福祉車両における車椅子搭乗実験を通して、この車椅子-人振動系の振動特性を、物理学的観点のみでなく心理学的観点からも定量的に評価するための評価方法を検討した。その検討結果を踏まえて、振動環境を制御することができる導電型シート加振装置による車椅子搭乗実験を実施し、搭乗者人体の振動伝達特性測定、身体各部位の振動感覚評価、そして乗り心地評価を実施した。その結果、各被験者ごとの振動挙動傾向は異なるものの、共通して頭部および胸部上下の揺れが乗り心地に大きく影響していることを確認することができた。特に、振動周波数4Hzでの頭部上下振動と5Hzでの頭部前後および上半身の上下振動が、最も乗り心地に悪影響を与えることが明らかとなった。このことより、本論文では、それぞれの振動周波数において不快とされる人体の振動様式(揺れ方)を抑制するかもしくは変質させることにより、その乗り心地を改善できると結論付けている。さらに、この乗り心地改善の可能性を検討するために、有限要素法に従った車椅子-人振動系モデルを構築し、実測値との整合を図ることで、そのモデルの妥当性を示している。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021222
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/11832004.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

660 times.


Search
Related Materials in




車椅子
乗り心地
人体振動
振動シミュレーション
三次元人体モデル
有限要素法
振動様式
重回帰式