Back
ウメの生産安定に関する研究 

作成者 松井, 弘之
キーワード等 ウメ, 開花遅延, 単為結果, 成熟制御, エスレル, AC-94,377, ポリアミン, エチレン
日本十進分類法 (NDC) 625.54
内容 研究種目:科学研究費補助金一般研究(C)
報告年度:1995年度
研究課題番号:06660027
研究概要:1.開花遅延:前年度ウメ‘白加賀'の開花遅延に最も効果を示した、エスレル(100ppm)を10月中旬に散布し,芽の発育を定期的に調査した。その結果、散布した芽の発育(重さ)は遅れていた。特に花柱や花糸の長さおよび子房の大きさが無散布区に比較して著しく劣っていた。新梢内の内生植物ホルモン(ジベレリン、オ-キシン、サイトカイニン、アブシジン酸)活性、炭水化物(全糖、デンプン)や窒素化合物(アミノ酸、タンパク質)含量について、エスレル散布区と無散布区で比較したところ両者間で有意な差は認められなかった。また、エスレルの散布効果は品種により異なり‘稲積'は‘白加賀'より開花遅延効果が高かった。2.単為結果の誘起:ウメの単為結果はAC-94,377によって容易に誘起されるが、硬核期1週間前にオ-キシンを処理することが必要である。そこで各種オ-キシンの種類と処理濃度の違いが着果率や果実肥大に及ぼす影響について調査したところ、NAA、IPA、MCPBの50ppm、2,4-Dの20ppm、2.4-DPの10ppmで着果率や果実肥大が促進された。成熟の制御:ウメの成熟はエチレンとポリアミンによって制御されているので、SAMからSPDへの代謝経路を阻害するMGBGやSAMからACCへの経路を阻害するAVGおよびAVGとエチレン発生量との関係を調査したところ、MGBGでは0.1mMn?10mMで、AOAでは10mMで成熟を抑制した。特に、AVGの100ppmや200ppmではほとんどエチレンの発生が認められず、果肉の軟化や着色を強く抑制した。

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021230
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/06660027.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

667 times.


Search
Related Materials in




ウメ
開花遅延
単為結果
成熟制御
エスレル
AC-94,377
ポリアミン
エチレン