Back
ブドウの果粒の発育に関連するジベレリンの同定とそれらを利用した無核化技術の開発 

作成者 松井, 弘之
キーワード等 無核化, ブドウ, キャンベル・アーリー, デラウェア, 甲州, GA_3, GA_4, GA_7
日本十進分類法 (NDC) 625.61
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2002年度
研究課題番号:12660019
研究概要:GA_3処理により全てのブドウ品種を無種子化できない原因を内生GAsとの関係において明らかにしようとしてきた。これまでの2年間の研究により、いずれの品種においても内生GAsは3画分群(I、IIおよびIII)で活性が認められた。しかし、各画分の活性の強さは品種によって異なっていた。また、'キャンベル・アーリー'の主要内生GAs(III)である、GA_4およびGA_7が花粉発芽に及ぼす影響をGA_3と比較調査した結果、'キャンベル・アーリー'や'デラウェア'ではいずれのGAsでも発芽を抑制したが、'甲州'ではいずれのGAsでも抑制効果が著しく弱かった。そこで本年度は、内生GAsと単為結果誘起能力との関係を明らかにするため、'キャンベル・アーリーおよび'甲州'から抽出したGAsを両品種の開花期と開花2週間後の2回除雄した子房(果実)に処理し、単為結果の誘起を試みた。'キャンベル・アーリー'のIII画分群処理は、両品種ともに高い着果率を示した。また、II画分群処理では'キャンベル・アーリー'および'甲州'ともに着果率は低く、I画分群処理では'甲州'のみ着果がみられた。これに対して、'甲州'のIII画分群処理は'キャンベル・アーリーで約40%の着果率が得られたが、'甲州'では全て落果した。II画分群処理では'キャンベル・アーリー'では100%の着果率を示したが、'甲州'では全て落果した。さらに、I画分群処理では'キャンベル・アーリー'では100%の着果率を示したが、'甲州'では約40%の着果率であった。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021236
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/12660019.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

636 times.


Search
Related Materials in




無核化
ブドウ
キャンベル・アーリー
デラウェア
甲州
GA_3
GA_4
GA_7