Back
都市農村交流に対応した果樹園芸経営の多角化方策とその展開方向 

作成者 大江, 靖雄
キーワード等 都市農村交流, 果樹経営, 観光農業, 多角化, グリーン・ツーリズム
日本十進分類法 (NDC) 611
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2003年度
研究課題番号:13660213
研究概要:本年度の研究実績の概要は、以下のとおりである。1)農業経営活動の多角化のための、これまでの農家像に関する検討を行い、従来の農家=農業生産という図式から、経営活動領域(ドメイン)の拡大の必要性を明らかにした。次いで、農家経営の多角化を明示的に扱う概念的フレームワークを提示して、農業経済学の領域の拡大を図った。具体的には、農家経営の多角化を明確に位置付けるため、農家経営活動の生産物が1種類のみの伝統的な農産物の場合に加えて、サービス財的特徴を有する農村ツーリズム関連財の存在を明示的に考慮した2種類の生産物を前提とすべきであることを提示した。2)農村ツーリズムが誕生した社会的背景を総括し、農村ツーリズムを新旧二つのタイプに区分してその特徴を整理した結果、わが国の農村ツーリズムが新旧の移行期にあることを明らかにした。そして、農村ツーリズムの具体的形態として、わが国の農林漁業体験民宿を対象にし、その稼働率の推計を行い、長期休暇制度の成立していないわが国における今後の展開への課題を明らかにした。3)都市農村交流の展開を踏まえて、中山間地域における農村ツーリズムによる活性化の可能性を、リカード比較優位論を用いて考察し、農村ツーリズムの需要者の特性分析を行った。その結果、農村ツーリズムの需要層の特性が、欧州の先行研究で指摘される高学歴世帯が中心となるという点と同様の結果を得ており、農村ツーリズムの需要者層に関して共通した特徴があることを明らかにした。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021237
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/13660213.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

585 times.


Search
Related Materials in




都市農村交流
果樹経営
観光農業
多角化
グリーン・ツーリズム