Back
日本と韓国の中・近世における都市空間の比較研究 

作成者 玉井, 哲雄
キーワード等 城下町, 寺内町, 邑城, マウル, 町割, 町家, 土地区画整理, 都市計画
日本十進分類法 (NDC) 518.8
内容 研究概要:昨年度の仙台、平泉、酒田、会津喜多方、会津若松など東北地方の代表的な都市の調査を受けて、今年度は、最終年度ということで、現在の日本の中心都市となった東京、そしてその前身である江戸の名残をとどめる本所・深川など下町をまず調査し、さらに中世都市として知られる鎌倉を訪れて中世都市の空間構造を実際に体験した。また、信州の松本、松代、善光寺などの東国の代表的な都市も実地調査し、近世・近代の都市環境の保存再生の試みを韓国側研究者に実際に見ていただいた。現場の担当建築家や技術者とも議論することもできた。ソウルにおいては昨年度の内需洞調査の内容を受けて、同じソウルの嘉會洞・普門洞の都市韓屋実測調査を行い、さらにソウルを離れて全州に現存する伝統的な住宅の実測調査も行った。これらの調査によって、日本人研究者があまり試みていなかった、近世から近代の都市住宅調査に関する基礎的なデータを得ることができた。最終年度にあたり、研究会においては研究報告書の内容について議論が行われ、研究史の総括や討論の記録、そして研究報告の収載が検討された。また、今後の研究の展望についても活発な議論が行われ、日韓比較都市史研究会という名称で継続的に研究体制を維持していくことが確認された。
研究種目:科学研究費補助金基盤研究(B)
報告年度:2000年度
研究課題番号:10044126

作成日付 2000
コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021239
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/10044126.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

559 times.


Search
Related Materials in




城下町
寺内町
邑城
マウル
町割
町家
土地区画整理
都市計画