Back
トランスジェニックマウスを用いたHCV core蛋白の機能解析 

作成者 今関, 文夫
キーワード等 トランスジェニックマウス, C型肝炎ウイルスコア蛋白, サブトラクション法, 肝細胞癌, DNAチップ, C型慢性肝炎, Northern blotting
日本十進分類法 (NDC) 493.47
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2000年度
研究課題番号:11670476
研究概要:生後4週のC型肝炎ウイルス(HCV)コア発現トランスジェニック(Tg)マウスとコントロールマウスの肝臓よりRNAを抽出し、SMART RT-PCR法とSuppression Subtractive Hybridization法を用いてTgマウスに特異的に発現していると考えられる遺伝子クローンを解析した。雄、雌の対でそれぞれ約80遺伝子を調べたところ、apolipoprotein,mitochondorion,cytochrome関連遺伝子が多く見られ、癌、炎症に直接関連する遺伝子は検出されなかった。また、得られたクローンをスポットし、元の肝抽出RNAをプローブとしてhybridizationを施行したところ、2倍以下の差しか見られなかった。次に、約1000個のcDNAをのせたDNAチップを用いてTgとコントロールマウスでの遺伝子発現に違いのある遺伝子を検索したところ、数個の遺伝子が認められその意義については今後検討する予定である。今回用いたTgマウスは、生後1ヶ月では肝炎は見られておらず長期の経過観察でも肝発癌は見られていない。そのため、遺伝子発現においてもドラマチックな変化に乏しいのではないかと考えられた。このTgマウス肝臓を用いたnorthern blottingでは、HCVコア遺伝子は約2pg/μgRNAの発現が確認されており、以前施行した肝臓のHCVコア蛋白定量でもヒトC型肝炎患者と同等以上の発現が確認されている。従って、表現型に大きな差異が見られないこのTgマウスでは遺伝子発現にも大きな量的変化は見られないのかも知れない。

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021246
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/11670476.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

824 times.


Search
Related Materials in




トランスジェニックマウス
C型肝炎ウイルスコア蛋白
サブトラクション法
肝細胞癌
DNAチップ
C型慢性肝炎
Northern blotting