Back
有限群の群環上の誘導加群と誘導指標 

作成者 山内, 憲一
キーワード等 有限群, 群環, 有限群の既約指標, 有限群の表現, 有限群のmodular表現, 有限群の指標環, 誘導加群, 誘導指標
日本十進分類法 (NDC) 411
内容 研究種目:科学研究費補助金基盤研究(C)
報告年度:2003年度
研究課題番号:13640008
研究概要:有限群の指標環の環としての構造を研究した。その際、有力な方法の一つとして考えられるのは単数群の構造を調べることである。有限群の指標環の位数が有限の単数からなる単数群の構造は既に知られている。K.Yamauchiの論文Hokkaido Math.J.Vol.20(1991),477-479を参照せよ。この1年間の研究で、有限群の指標環の無限位数の単数を具体的に構成することが出来た。以下にその概略を述べる。先ず記号の説明から始める。G:=有限群,R(G):=Gの指標環,U(R(G)):=Gの指標環の単数群,|G|:=Gの位数,G':=Gの交換子群,p(【greater than or equal】5)を素数とし,ωを1の原始p乗根とする。このとき次の定理が得られた。定理1 (1+ω^j)/(1+ω^i)(1【less than or equal】i,j【less than or equal】p-1,i≠j,i+j≠p)はZ[ω]の単数である。従って(1+ω^j)/(1+ω^i)=f_<ij>(ω)(f_<ij>(x)∈Z[x])とおけば、f_<ij>(1)=1が成り立つ。定理2 ε=±1でη,θ,λを1の原始p乗根、(θ+1)/(η+1)=ε又はελが成り立つものとする。このとき次の(i),(ii)が成り立つ。(i)ε=1(ii)η=θ又はηθ=1定理3 G=<a>を位数pの巡回群とし、ψを、ψ(a)=ωで定義されるGの1次の指標とする。このとき±f_<ij>(ψ)は無限位数なるR(G)の単数である。ここにf_<ij>(x)は定理1で定義された関数である。定理4 pは|G|の約数で、H=<a>を位数pのGの巡回部分群とする。±f_<ij>(ψ)を無限位数なるR(H)の単数とする(すなわち、定理3で構成された単数)。このとき±f_<ij>(ψ)^<【cross product】G>はR(G)の単数である。…

コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00021250
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/13640008.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

499 times.


Search
Related Materials in




有限群
群環
有限群の既約指標
有限群の表現
有限群のmodular表現
有限群の指標環
誘導加群
誘導指標