Back
中国華北平原の小麦・コーンの灌漑農地におけるフラックス観測   :   FLUX OBSERVATION AT THE IRRIGATED FARMLAND IN NORTH CHINA PLAIN 

作成者 近藤, 昭彦, 唐, 常源, 沈, 彦俊, 張, 永強
日本十進分類法 (NDC) 450, 471.71
内容 研究概要:中国華北平原の北緯38度線に沿って配置された三ヶ所のフラックスステーションにおける観測成果から欒城農業生態系統試験站における成果を紹介する。観測は冬小麦と夏のコーンの広大な圃場で行われている。1998年から継続的に行われている観測の中から蒸発散量の日変化と季節変化、灌漑の影響、蒸発散量と群落コンダクタンスの関係、気孔抵抗の日変化と季節変化、気孔抵抗と土壌水分の関係、分光反射率と植生指標の関係、について報告する。ここで行っているフラックス観測の成果は、同時に千葉大学・筑波大学・熊本大学で実施している地下水循環研究と合わせて、華北平原の総合的な水循環研究としてまとめる予定である。
公開者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022090
NCID AA11594897
掲載誌情報 共同利用研究会報告集 page.43-52 (2002)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/C-10_08.pdf
情報源 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, Center for Environmental Remote Sensing,Chiba University Symposium Report
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

626 times.


Search
Related Materials in