Back
Landsat/TMの輝度値確率分布に基づく詳細な地物情報抽出法の提案 

作成者 篠田, 成郎, 渡辺, 美帆, 野田, 幸嗣, Shrestha, Madhusudan B., 前田, 敏昭, 湯浅, 晶
作成者 (ヨミ) シュレスタ, マドゥスダン B.
日本十進分類法 (NDC) 512.75
内容 研究概要:流域環境の保全のためには,流域内物質循環系としての水文過程に及ぼす人為的影響を検討することが必要であるとの立場から,人工衛星リモートセンシングデータを利用して,より詳細な地物情報を抽出する方法が提案されている.とくに,衛星画像の各ピクセルに含まれる確率的変動を判別対象地物に関する輝度情報の確率密度関数として扱うことにより,地物判定条件が導かれている.この条件は,カテゴリ分類結果の誤差行列から算出される総合精度と対応するものであり,地物判定に用いるべきバンド種別や演算値の適切な組み合わせを予め検討することに有用となる.…
公開者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022098
NCID AA11594897
掲載誌情報 共同利用研究会報告集 page.107-115 (2002)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/C-10_16.pdf
情報源 水文過程のリモートセンシングとその応用に関するワークショップ, Center for Environmental Remote Sensing,Chiba University Symposium Report
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

511 times.


Search
Related Materials in