Back
雲の放射強制力の推定に関わる地上観測   :   Validation of the insolation from GMS-5 for estimation of cloud forcing 

作成者 竹村, 英幸, 高村, 民雄, 岡田, 格, 金田, 真一, 井上, 豊志郎, 河本, 和明, 中島, 映至, 高薮, 縁
作成者の別表記 高藪, 縁
キーワード等 放射収支
日本十進分類法 (NDC) 450, 512.75
内容 研究概要:放射収支の推定において主要なパラメーターである地表面放射短波フラックスの雲による影響を衛星から正確に見積もることは大変重要なことである。GMS5から推定された日射量の妥当性、問題点を明らかにした。GAMEプロジェクトにおける観測値との詳細な比較を行った事によって、月平均日射量においては観測値とGMSでの推定値は±3MJ/m^2程度の正確さで一致している。日積算日射量で検証した結果、エアロソルの変動による日射量の変動が大きい為、固定したエアロソルの値では日々の日射量を正確に表せない事がわかった。…
コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022143
掲載誌情報 第2回CEReS環境リモートセンシングシンポジウム論文集 page.49-55 (1999)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/C-12_10.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

535 times.


Search
Related Materials in




放射収支