Back
雲・エアロゾル観測用の衛星ライダー(MDS-lidar)計画の概要   :   Overview of NASDA Mission Demonstration Satellite Lidar Project 

作成者 長澤, 親生, 笹野, 泰弘, 杉本, 伸夫, 浅井, 和弘, 川村, 恭明
日本十進分類法 (NDC) 538.94, 451.25
内容 研究概要:宇宙開発事業団は人工衛星の基盤技術の開発を目的として、平成13年度の打ち上げを目指したライダー実証衛星(MDS-2)の開発を行っている。これは、衛星搭載のライダー技術の実証を目的としているが、同時に科学的な利用についてもその有効性を高めるべく、研究者グループを組織し、支援を行っている。本ライダーは、雲・エアロゾルの空間分布を測定対象とし、特に、巻雲、多層雲、エアロゾル等の分布状況、光学的厚さ等を、約一年間にわたって測定する予定である。講演では、現在、設計が進められているライダー機器の概要、データ取得計画立案状況、データ利用研究計画等について紹介する。
コンテンツの種類 研究報告書 Research Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022193
掲載誌情報 プロシーディング「雲のリモートセンシングと気候影響に関するシンポジウム」 page.152-157 (1998)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/C-17_27.pdf
言語 日本語


Total Access Count:

535 times.


Search
Related Materials in