Back
安房石堂寺の中世資料について (史料紹介) : 多宝塔銘文を中心として 

作成者 滝川, 恒昭, 佐藤, 博信
作成者の別表記 タキガワ, ツネアキ
キーワード等 長安山, 東光院, 千葉県, 安房郡, 丸山町
日本十進分類法 (NDC) 210
内容 長安山東光院石堂寺(千葉県安房郡丸山町石堂)は、神亀三年(七二六)聖武天皇の勅願を奉じた行基によって開かれ、その後、慈覚大師円仁によって鎮護国家の道場として整備され、中世後期には、鎌倉府や関東足利氏、さらには在地勢力の丸氏や里見氏からも厚い崇敬と庇護を受けたと伝えられる房総屈指の古刹である。それゆえ、石堂寺の研究は、たんに石堂寺という一地方寺院のそれにとどまらず、房総・関東の寺院の歴史展開を理解するうえでも大きな意味を持つものと考える。
公開者 千葉大学文学部
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022506
ISSN 0386-2097
NCID AN00142942
掲載誌情報 千葉大学人文研究 no.34 page.61-94 (20050331)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/irtoroku1/34-1-pj61.pdf
情報源 The journal of humanities
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

1281 times.


Search
Related Materials in




長安山
東光院
千葉県
安房郡
丸山町