Back
毒性発現における抱合反応の役割 : E2011による肝毒性発現機序の解明   :   Role of conjugating enzimes in drug-induced toxicity:Mechanism for E2011-induced heparotoxicity 

作成者 佐藤, 玄
作成者の別表記 Sato, Gen, サトウ, ゲン
キーワード等 E2011, benzothiazole, acetyltransferase aromatic amine, rat, liver, GST-P positivefoci, ベンゾチアゾール, アセチル転移酵素, 芳香族アミン, ラット, 肝, GST-P陽性小増殖巣
日本十進分類法 (NDC) 491.59
内容 学位:千大院薬博乙第228号
寄与者 千葉大学大学院薬学研究院
コンテンツの種類 博士論文 Doctoral Thesis
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022658
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/Y_O-063.pdf
言語 日本語
著者版フラグ author


Total Access Count:

636 times.


Search
Related Materials in




E2011
benzothiazole
acetyltransferase aromatic amine
rat
liver
GST-P positivefoci
ベンゾチアゾール
アセチル転移酵素
芳香族アミン
ラット

GST-P陽性小増殖巣