Back
経口MRI造影剤の用時懸濁型顆粒剤に関する製剤化研究および造影効果の評価   :   Formulation study and contrast effect of oral MRI contrast agent 

作成者 松村, 学
作成者の別表記 Matsumura, Manabu, マツムラ, マナブ
キーワード等 MRI, contrast agent, tormulation study, contrast, MRI, 造影剤, 製剤化研究, 造影効果
日本十進分類法 (NDC) 499.6
内容 学位:千大院薬博乙第217号
寄与者 千葉大学大学院薬学研究院
コンテンツの種類 博士論文 Doctoral Thesis
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022676
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/Y_O-110.pdf
言語 日本語
著者版フラグ author


Total Access Count:

612 times.


Search
Related Materials in




MRI
contrast agent
tormulation study
contrast
MRI
造影剤
製剤化研究
造影効果