Back
肝デヒドロゲナーゼを介するカルボキシルエステラーゼのリン酸化機構に関する研究   :   NAD-mediatel potentiation of anti-carboxyl-esterase action of EPN(organophosporo-thioate) 

作成者 椙山, 静優
作成者の別表記 Sugiyama, Seiyu, スギヤマ, セイユウ
キーワード等 6-aminonicotinamide, organophosporo-thioate, carboxylesterase, NAD, ChE, カルボキシエステラーゼ, 有機リン化合物, NAD, コリンエステラーゼ, ラット, ニコチンアミド
日本十進分類法 (NDC) 491.45, 491.5
内容 学位:千大院薬博乙第27号
寄与者 千葉大学大学院薬学研究院
コンテンツの種類 博士論文 Doctoral Thesis
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022681
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/Y_O-124.pdf
言語 日本語
著者版フラグ author


Total Access Count:

732 times.


Search
Related Materials in




6-aminonicotinamide
organophosporo-thioate
carboxylesterase
NAD
ChE
カルボキシエステラーゼ
有機リン化合物
NAD
コリンエステラーゼ
ラット
ニコチンアミド