Back
クロム錯体触媒を用いる生物活性物質の高効率合成法に関する研究   :   Studies on the efficient synthesis of biologically interesting compounds using chromium complex as a catalyst 

作成者 袖岡, 幹子
作成者の別表記 Sodeoka, Mikiko, オデオカ, ミキコ
キーワード等 arene・chromium tricarbonyl complex, catalyst, prostacyclin, carbacyclin, reduction, アレーン・トリカルボニルクロム錯体, 触媒, カルバサイクリン, プロスタサイクリン, 水素化
日本十進分類法 (NDC) 431.35, 499.34
内容 学位:千大院薬博乙第69号
寄与者 千葉大学大学院薬学研究院
コンテンツの種類 博士論文 Doctoral Thesis
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00022697
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/assist1/Y_O-152.pdf
言語 日本語
著者版フラグ author


Total Access Count:

556 times.


Search
Related Materials in




arene・chromium tricarbonyl complex
catalyst
prostacyclin
carbacyclin
reduction
アレーン・トリカルボニルクロム錯体
触媒
カルバサイクリン
プロスタサイクリン
水素化