Back
ブリュッヒャー/ベンヤミンのアート論とハンナ・アーレント 

作成者 稲本, 竜太郎
作成者の別表記 イナモト, リュウタロウ, Inamoto, Ryutaro
日本十進分類法 (NDC) 700
内容 本論文では、ブリュッヒャーの思想と、アーレントからみたベンヤミンの芸術論とを分析してきた。この分析から、アーレントの基本的な芸術観(本質論)と、そのなかからアーレント自身が取り出した芸術の現代的/政治的形式を跡づけることができる。『判断力批判』が含む、美学的議論と、反省的判断力の超越論的枠組みとが、どのように両立するのかは、あらかじめ輪郭が示されていた。それは、ホメロスを、「比喩」を自由に用いた芸術家と捉える枠組みであり、「比喩」が「美」として見られつつも「真理」を暗示する芸術作品の構造であった。この構造は、自由な創造力を解放するための条件である。このようなブリュッヒャー/ベンヤミンの「芸術」論の性質は、アーレントにおける「活動」と「判断力」のそれぞれの基本的性格である「自発性」と「伝達可能性(コミュニカビリティ)」とに、ごく初期から刻印されていたと結論してよい。
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00023228
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌情報 千葉大学人文社会科学研究 no.13 page.1-13 (20060928)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/jinshaken/13inamoto.pdf
情報源 Studies on humanities and social sciences of Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

976 times.


Search
Related Materials in