Back
改革開放後の中国における中産階級の形成   :   Development of the middle class in China after reform and opening-up 

作成者 王, 維亭
作成者の別表記 Wang, Weiting
日本十進分類法 (NDC) 220, 362
内容 本論文は、中国の現代史を探ることによって、中産階級の生成と発展について分析した。現在、中国では、所得格差の拡大が社会の不安定化をもたらし、社会問題が沢山生じてきている。格差拡大を是正し、中産階級を育成していくことが政府にとって喫緊の課題となっている。なぜなら、中産階級の増大は相対的に貧富の格差が縮小することになる。それが各階層間の矛盾を緩和する役割を果たすからである。本稿は、従来の中国の社会制度の変化と経済発展の関係において中国の中産階級はどのように発展してきたのか、及びその問題点について探究する。
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00023258
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌情報 千葉大学人文社会科学研究 no.13 page.120-135 (20060928)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/jinshaken/13wang.pdf
情報源 Studies on humanities and social sciences of Chiba University
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

895 times.


Search
Related Materials in