Back
プロジェクト1 : 衛星データによる地球表層環境変動の実態把握とその要因解析   :   Monitoring and analysis of global surface environmental changes by satellite data 

作成者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
日本十進分類法 (NDC) 450
内容 約30年間の衛星データの蓄積から植生・土地被覆/利用・雪氷圏等における環境変動を検出し、これを気候・植生・人間活動の相互利用の結果として解釈する。グローバルと地域スケール双方を対象とし、地域の成果をグローバルの中に位置づけることにより、また環境変動を気候要因と人間要因の両面から捉えることにより、環境変動に関する知的資産の形成を計る。期待される成果は、リモートセンシングによるグローバル/ローカルの土地被覆、雪氷などの主題図・変動図、および環境変動の総合的要因解析結果である。
The final objective of this progect is to understand the present situation and changes of global surface environment. The project consists of the following three parts. The first part is to produce global/local datasets of lsnd cover, percent tree cover, snow/ice distribution from satellite data to know the present surface environment. The second part is to extract global surface changes by dtecting vegetation changes from global 20-year AVHRR data and by analyzing it with climete data. The third part is to analyze detail environmental changes considering natural and human factors in Landsat scene scale of the test sites of East Asia. The distinctive features of this project is global thematic mapping, linkage of global and local analysis, and analysis of main causes of environmental changes from natural and anthropogenic factors.

公開者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンキョウ リモート センシング ケンキュウ センター
公開者の別表記 CEReS
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024301
NCID AN10569342
掲載誌情報 千葉大学環境リモートセンシング研究センター年報 Vol.10 page.1-3 (20050500)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10569342/KJ00004181082.pdf
情報源 Center for Environmental Remote Sensing, annual report
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

417 times.


Search
Related Materials in