Back
プロジェクト2 : 衛星データによるユーラシア大陸の3次元構造の変遷を中心とする表層・植生・土地被覆変動の研究とデータ解析・処理手法、検証データ観測手法の研究 

作成者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
日本十進分類法 (NDC) 450
内容 地球温暖化の影響は、地球生態系に大きなダメージを与えるとされている。第3次IPCCのレポートでは、近年の地球温暖化の主要因は人間活動の影響によるものであるとしている。さらに、今後、人類が繁栄を続けるためには、気候システムへの人為的干渉がどの程度なのかを正確に把握する必要があるといっている。
公開者 千葉大学環境リモートセンシング研究センター
公開者 (ヨミ) チバ ダイガク カンキョウ リモート センシング ケンキュウ センター
公開者の別表記 CEReS
コンテンツの種類 紀要論文 Departmental Bulletin Paper
DCMI資源タイプ text
ファイル形式 application/pdf
ハンドルURL http://mitizane.ll.chiba-u.jp/meta-bin/mt-pdetail.cgi?cd=00024302
NCID AN10569342
掲載誌情報 千葉大学環境リモートセンシング研究センター年報 Vol.10 page.3-5 (20050500)
フルテキストへのリンク http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN10569342/KJ00004181083.pdf
情報源 Center for Environmental Remote Sensing, annual report
言語 日本語
著者版フラグ publisher


Total Access Count:

471 times.


Search
Related Materials in